若い時の方法では通用しない!「40代」からの正しい毛穴ケア

20代、30代にどんなスキンケアをしてきたのか・・・徐々に差が出るアラフォー世代。40代は女性ホルモンのバランスが乱れがちになったり女性ホルモンにも変化がみられると同時に肌環境も変わってくると言われています。残念なことに毛穴はとても正直。加齢や肌の状態によって毛穴の形も変化していくのです。ファンデーションで隠そうとすると、余計に毛穴が目立ってしまったり。年齢と共に気になり出す肌のたるみと毛穴の開きは密接な関係にあります。原因を知って、毛穴悩みを予防、改善していきましょう。

加齢と毛穴のメカニズム

年齢を重ねると共に肌の潤い成分であるセラミドが減少してきます。そして保湿力が低下し、肌が乾燥するようになってきます。肌の乾燥対策は毛穴対策に繋がります。また、紫外線対策をしないのもNG。たるみ毛穴や帯状毛穴は紫外線による細胞やDNA損傷とフリーラジカル(活性酸素)によるサビが原因とも言われています。

▪️たるみ毛穴・・・毛穴周辺が弾力を失って頬の筋肉や脂肪を支えきれなくなって陥没し楕円状に広がってみえる毛穴。加齢や水分不足(つまり乾燥)によってたるむことで毛穴が大きくなります。

▪️帯状毛穴・・・たるみ毛穴が進行し、連結することでシワになってしまった状態。鼻の脇から頬にかけての部分に小じわのように現れ、30代半ばくらいから起こりやすくなります。角質層の防水バリアのダメージ、乾燥や皮膚の代謝機能の低下や古い角質が肌表面に残ってしまうことなどが挙げられます。

たるみ毛穴チェック

毛穴をピンと引っ張った時、目立たなくなるようなら要注意です。普通の毛穴の場合には、形が残った状態になります。

40代からの正しい「毛穴」ケアとは

①「たるみ毛穴」改善の基本は毎日のスキンケア

そこで外せないのが、何と言っても「ビタミンC」。ビタミンCは、美白効果だけでなく、抗酸化作用を持ち肌のハリや弾力に関わるコラーゲン合成と密接な関係にあります。つまり、たるみと毛穴両方ケアが可能なのです。食べ物やサプリから摂るのも効果的。また、表面の保湿ばかりにこだわって皮脂を過剰に落として体内水分量を減らしてしまうと皮膚表面を傷めてしまうことがあるのです。内部の水分が減るインナードライという症状になりかねないので気をつけましょう。

②ストレスを溜めない

ストレスが溜まると、男性ホルモンが優位に働き、毛穴の中の皮脂に働きかけて皮脂分泌を促すため毛穴トラブルを起こしやすくなります。

③365日、紫外線対策

紫外線は皮膚の『真皮』とよばれる線維組織のある層にまで届き肌にダメージを与えます。若い方ならこのダメージに対する回復力が高いのですが、加齢により回復力や肌のターンオーバーなど肌の回復能力が遅れるため弾力が失われ『たるみ』の原因にもなります。「浴びたかどうか実感もない」紫外線ですが「365日1日も休むことなく」行う必要があるということでしょう。紫外線の影響は、日陰や曇り、室内にいても受けてしまうものです。

④基礎代謝を上げよう

肌のターンオーバーなど新陳代謝を活性化するには、体温が高いほうが有利。全身の新陳代謝が滞ると、今度は体内に余分な水分が溜まって排出されず血流を悪化させてしまいます。皮膚などの末端に栄養が運ばれなくなる事で肌トラブルを起こすの代謝を上げる事は肌作りには欠かせません。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です