あなたの目元は大丈夫?クマの種類と改善方法を徹底解析!

「あれ?これってクマ?」気付くと存在している目の下の厄介なクマ。クマがあるといつものメイクもなんだか暗い印象に…。
改善しようと思ってもどのようにケアすれば良いのか、どの様に隠したら良いのか分からないですよね。今回は、そんな厄介なクマの種類の原因と改善方法について徹底解析します。

クマの原因と解消法

1・青クマ
2・茶グマ
3・黒クマ

1・青クマ

血行不良によって目の下の静脈がうっ血して青く見えるのが青クマです。
特徴はコンシーラーで隠せる所、目の下の皮膚を軽く引っ張ると多少目立たなくなる所です。

青クマの原因

冷えや疲れや寝不足からくる血行不良が原因です。
先天的な要因が大きく、疲れや寝不足などで血行が悪くなると目立ちます。
顔の皮膚の厚さは2ミリ程度ですが、目の下の皮膚は特に薄く0.5ミリしかないため皮膚の下にある毛細血管が透けて見えやすく、
皮膚がとても薄いため皮膚の下の血管の色などが透けて見えてしまい目の下のクマが目立って見えてしまうのです。

青クマの解消法

青クマを改善するには目元の血流を改善することがポイントです。
十分な睡眠を取って目を休める時間を作ってあげる事により眼精疲労が回復し、血流の巡りも良くなります。
しかし、青クマに対し目を冷やすのは血行が悪くなるため逆効果の為、避けたほうが良いでしょう。

2・茶クマ

目の周囲の皮膚にメラニン色素が沈着して茶色っぽく見える目のクマです。特徴はコンシーラーで隠せる所、目の下の皮膚を引っ張っても上を向いても変わらない所です。

茶クマの原因

茶クマの原因はメラニン色素の色素沈着、つまりシミやくすみが目の下にできたもの、ターンオーバーの乱れ、紫外線ダメージ、そしてメイクによる色素沈着によるものが原因としてあげられます。目の下をこするクセや、日焼けをしたり炎症を起こしても色素沈着が起こります。

茶クマ解消方法

茶クマには保湿と新陳代謝を活性化する目元ケアが有効です。この2つを同時に行えるアイテムがアイクリームです。
また、目元はメラノサイトの活動が盛んで色素沈着しやすい部分なので目元を擦るなどの摩擦には注意が必要。クレンジングの際も、こすらずに優しく行い、アイメークを落ちやすいものに替える事をオススメします。

3・黒くま

黒クマは目の下に出来る窪み、目の周りの筋肉のたるみ(目の下のたるみ)、涙袋等が原因で影のようになって見える目のクマです。
特徴はコンシーラーでカバーしにくい所、鏡を持って顔を天井の方へ向けると目立たなくなる所です。

黒クマの原因

加齢によるたるみ、目元のハリ不足、弾力不足が原因です。また、元からあった目の下のクマがシワやたるみによってますます濃く見え、目立ってしまうこともあります。

黒クマの解消方法

黒クマは目元のエイジングケアコスメで、目の下の肌にハリをもたせることがポイントです。
一度たるむと改善しづらいので早期からエイジングケアをして予防をしましょう。黒クマが定着してしまった場合、インナーケアとしてビタミンの補給(ヒアルロン酸・コラーゲン)などをしていく事をおすすめします。黒クマは、浮腫むと目立ちやすいので塩分の取りすぎや冷たい飲み物の取りすぎにも注意が必要です。

いかがでしたでしょうか?クマには3つの種類がありそれぞれ原因も改善方法も全く異なります。まずは、自分のクマの種類と改善方法を知り、改善を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です