驚き!自分の肌状態を詳しく知れる!「皮膚常在菌量検査」が凄かった!

自分の体とはいえ、その健康状態を正確に知るには専門的な知識や検査が不可欠です。それは肌も同じです。しかし今までは客観的に知る手段は極僅かしかなく、そこから分かる情報も限られたものでした。ところが今年の6月、世界初の新しいサービスが日本に誕生しました。通称「美肌菌ドッグ」と呼ばれる「皮膚常在菌量検査」です。その気になる検査についてご紹介します!

「皮膚常在菌量検査」の内容

検査は130項目の問診と21種類の医学的検査から成ります。これだけ聞くと相当な時間がかかりそうですが、1時間程度で終わる内容となっています。医学的検査も綿棒で皮膚常在菌を採取するだけなので痛いという事もありません。とても手軽で簡単な検査です。

検査からわかる事は!?

検査では皮膚常在菌の中でも肌状態に深い関わりのある3つの菌(表皮ブドウ菌・アクネ菌・黄色ブドウ球菌)の量やバランスを中心に、今後のケアでどのような点に気を付ければ良いのか、どんな危険性を孕んでいるのかといった事を知る事が出来ます。検査完了後(42日前後)に手元に届く結果にはグラフやイラストが用いられているのでとてもわかりやすいです。また医師による診療を希望する場合には治療を始める事も可能です。

どんな人に向いている!?

毎日のように様々なスキンケアを行っても肌トラブルが無くならないという人もいると思います。例えばニキビが繰り返し出来てしまう、どんな化粧品を試しても合っている感じがしない、乾燥が酷い、このようなしつこい悩みを抱えている人にとても向いている検査だと思います。何故ならこれらの原因が皮膚常在菌に由来するケースは多いからです。しかし自分でそれぞれの量やバランスを見る事は出来ません。検査結果によっては根本的な解決に至る可能性もあるので試してみる価値はあると思います。

気になる費用は・・・!?

検査費用は税抜で45000円となっています。人間ドッグの検査と比べるとどうしても高く感じてしまいますが、肌状態によっては肌に関わる費用を抑えられる人もいます。高いか安いかは、人によって感じ方が違ってくるところかもしれませんね。

長い目でみれば安いもの!?

肌トラブルに悩んでいない人でも客観的かつ信頼できるデータとして知れるという事は大きなメリットです。今後のケア方法が変わってくるからです。美肌になるための最短コースを辿る事が出来ます。無駄な化粧品を買う事も無くなるでしょう。そう考えると安い検査かもしれませんね!