妹キャラを目指すなら、涙袋を強調したアイメイクで攻める!!

ぶりっこにならない程度に、カワイイ女になりたい!
とおもうとき、顔のなかで、どこにポイントをおきますか?
目もと? 口もと? それともチークや肌を重点的に整えますか?

幼く見えるほどカワイイ女になりたいのなら、涙袋を強調するのがオススメです。
0d1382cfebd6726c12a1a03320f53827_s

妹キャラクターを目指すなら

ぷっくり涙袋で愛らしく

涙袋という言葉自体も愛くるしく感じられますが、涙袋とは、いったいどこのことでしょうか?

正解は、目の下側のかすかなふくらみのことです。
あまり意識したことがないという人も多いでしょうが、わずかにふくらんだように見える涙袋は、女の子らしくキュートで、ちょっぴりセクシーに見えます。

もともとの顔立ちや骨格、肉のつき具合にもよりますが、メイクをくふうすることで、ある程度、好きな形に見えることが可能ですよ!

しっとりラメ感をプラスして

では、さっそく愛らしい涙袋の作り方を紹介しましょう。
まず、ファンデーションやパウダーでベースを整えます。
そして、下まぶたのみ、ベースカラーよりもワントーン明るめの色みを追加します。

さらに、オレンジやピンクなどの暖色系のアイシャドーを、チップにとり、手の甲に、いったんいらない粉をはたいて落としましょう。

それから、涙袋の部分に、軽くチップをスライドさせて、ほんのりと色が感じられるまでのせます。
ここで注意点ですが、あくまでわずかに色がわかるかどうか、というかすかな感じを残すため、くっきり・はっきりとアイカラーを際立たせると、とたんにケバくなってしまいますから、くれぐれも手首に力を入れすぎないように、注意しましょう。

そして、仕上げは、大粒のラメをチョイスして、下まつ毛がある範囲のみ、キラキラを追加します。
大粒のラメというと派手になりすぎるイメージがありますが、下まつ毛の生えているところだけ、せまく輝きをプラスするだけなら、しっとり華やかなメイクになりますが、やりすぎにはなりませんので、どうぞ、ご安心ください。