夕方の顔の疲れをシャットアウトするための、簡単マッサー ジとは?

夕方になると、顔にあらわれてくる疲れ。
まぶたのむくみや、肌の色むらなど、メイクでカムフラージュできることばかりではないので、深刻ですよね。
周囲からも「体調が悪いの?」と訊かれると、テンションが下がりますし。何とかならないものでしょうか。
電車を待っている時や、デスクワークをしながらでも簡単に実践できる方法を紹介します。

キーワードは、血行を良くすること!?

耳のマッサージ

ツボ押しと、言うと難しそうに思えます。しかし、触って気持ち良いと感じる箇所を、重点的に刺激すれば、充分に効果が得られるのです。停滞している、疲労を動かすだけでも、肌のツヤや、表情が元気になります。
けれども、人前で、足の裏マッサージを行うのは、あまりにも非現実的。ですが、化粧室に立つたびに、耳のマッサージをすることは、可能なのではないでしょうか?
足や、頭皮同様、耳は、ツボが多いパーツです。少し疲労を感した時や、むくみが気になる時に、ぜひお試しください。

・耳たぶの裏のくぼみを押す。
・耳の裏の付け根を、人差し指の腹で、円を下から上、上から下にさする。
・耳を手でつかんで、クルクルとまわす。

これらの中から、1つか2つ実践するだけでも、スッキリ感がちがいますよ。
夕方 雲

鎖骨のマッサージ

日が傾いてくる時間帯になると、くすみが出たり、首がだるくなりませんか?
思わず、強く肩や首を揉みたくなりますが、鎖骨周辺に滞った、リンパ液の流れをスムースにすると、顔色が明るくなり、目力も戻ります。

・両腕で、胸を抱きこむようにクロスして、手で鎖骨の上下をさする。溜まったリンパ液を、内から、外に押し出すイメージで、最後に、二の腕から肘まで刺激する。

そしてこの時に、余裕があれば、首の体操も加えてみましょう。腕を交差したまま、大きく首をまわしたり、左右に倒すエクササイズを行うと、肩こりや、首筋のこわばりにも効きますよ。
単純ですが、身体全体が軽くなり、化粧直しをしたのと同じくらいの、威力が得られますから。

体調が悪いわけでもないのに、顔面にあらわれてくる、疲れを解消するためには、血行を促進するのが早道なのかもしれませんね。