強力な紫外線を受ける前に!充実ヘアケアで日差しに負けない髪に!

真夏は強い紫外線によって髪の毛も大きなダメージを受けてしまいます。ダメージを少しでも小さいものにするには今の髪質を向上しておく事が重要。充実のヘアケアで「紫外線に負けない髪」を目指しましょう。

毎日使うブラシを見直そう

ところで毎日使うヘアブラシはどんなものを使っていますか!?あまりにも身近な存在のために無頓着になりがちですが、ヘアケアを考える上ではとても重要なアイテムです。ブラシの毛の種類によって髪に艶が出たり、形状によってブラッシングの効果が高まったりするからです。猪毛や豚毛かつ適度な刺激のあるものがお勧めです。ブラシの手入れも忘れないようにしましょう。

基礎力アップならクレンジング

髪質を良くしようと思うとトリートメントを重視してしまいがちですが、実はクレンジングも効果的です。クレンジングによって皮脂汚れを浮かすと同時に頭皮の血行を促進する事が可能になるからです。椿油でのクレンジングならば仕上がりもしっとりします。週に2回程度の使用がお勧めです。

リペア専用トリートメントを事前投入

すでに痛みが進んでいる人は事前に集中トリートメントをしておきましょう。短期集中型のリペアトリートメントやパックも販売されています。数日間に亘って行う事で表面の傷みならばかなりの補修が期待されます。同じダメージを受けるならやはり痛みの少ない髪の方が受けるダメージも少なくなります。すでに痛みが進んでいる人は事前に出来る限りの補修を済ませておきましょう。

頼りになるのはヘッドスパ

しかし「何をやったらいいかわからない」「自分では面倒」というならば美容室のヘッドスパが頼りになります。ヘッドスパで頭皮をリフレッシュして頭皮の状態と血行を改善、更に状態にあったトリートメントを行ってもらいましょう。その後は自宅で簡単なトリートメントを行うだけでも良い状態をキープする事が可能になります。

仕上げの一吹き、UVカットスプレー

最後に必ず取り入れて欲しいのが髪専用のUVカットスプレーです。日差しはまだそこまで厳しくはありませんが、既に大量の紫外線が降り注いでいます。せっかくケアを頑張ったのですから保護する事も始めましょう。髪専用が好ましいですが、ボディ兼用のものでも問題はありません。トップやサイドだけでなく、日差しを多く浴びやすい後ろ側にもしっかりスプレーするようにしましょう。スプレー後はシャンプーを念入りに行う事も忘れないでください。

秋に後悔しないために

夏の髪のダメージは秋になってから表面に現れます。自分の髪は丈夫だなんて思っていても油断は出来ません。秋になってパサパサなんて嫌ですよね。後悔しないためにすぐに準備に取り掛かりましょう!