【到来】明日から対策しよう!紫外線の知識と対策あれこれ

今年も紫外線の季節がやってきましたね!皆さんご存知だとは思いますが、紫外線による美容への被害はもう測り知れたものじゃないです。4月は夏と同じレベルで紫外線がきついというから、もうこれは明日から対策しなければなりません。今回はそんな紫外線の基礎知識と対策をご紹介したいと思います!!

 

紫外線の基礎知識

紫外線には三種類あってA波(UV-A)は生活紫外線とも呼ばれ、すぐに作用を起こしませんが、肌の奥まで入り込み、活性酸素を増やします。B波(UVB)はレジャー紫外線と呼ばれ、肌の表面に強く作用し、赤く炎症することで乾燥や日焼けの原因になります。C波はオゾン層に吸収され地表には届かないものなので、肌に悪影響を及ぼす紫外線は、A波とB波になります。

 

紫外線が及ぼす美容への被害

長い間または多量の紫外線を浴び続けると、肌細胞が傷つきメラニン色素を作り続けたり、メラニンの排泄が低下…その結果、肌にいつまでも黒い状態が残り、「シミ」ができる要因になってしまいます。また、紫外線に当たり続けると肌奥にあるコラーゲン繊維が切れてしまう恐れもあり、これにより肌の弾力を失って「シワ」や「たるみ」となってあらわれます。紫外線は肌から水分を蒸発させて乾燥させてしまい肌のバリア機能が弱まり、肌荒れやかぶれを起こしやすくなります。紫外線はニキビにも影響がしてきます。紫外線を浴びた皮脂(肌の油分)は酸化(老化の原因、活性酸素が発生)し、これが毛穴を塞ぐいでしまうとにきびのひとつ前、コメドができやすくなります。

対策

紫外線の強い季節と時間帯というのは、4~9月、6月の梅雨の時期が紫外線のピークになり、そして午前10時~午後2時となっています。晴れている日だけでなく、曇りの日も紫外線は強いので曇りの日も気を抜かずに紫外線対策をしていきましょう。どれだけ対策を行っても紫外線は完全に防ぐことはできませんので、紫外線を受けた後のケアも必重要となってきます。

日焼け止めの基礎知識

B波を防ぐ効果のあるものが日焼け止めのSPFという部分になります。数値が高いほど防ぐ効果が高いことになります。反対にA派を防ぐ効果のあるものが日焼け止めのPAという部分になります。こちらも同様にプラスが多いほど防ぐ効果が高いとなります。ただ、紫外線がきついからといって高いものを選んでも紫外線に対する効果が大きい反面、肌へ負担になりやすくなっています。よってあまりに高いSPF、PA値は屋外でのレジャー、海水浴、スポーツのみにし普段は数値の低いもので対策しましょう。

こまめに塗り直し

ファンデーションが汗で崩れてしまうのと同じで日焼け止めも汗で落ちてしまったり、崩れてしまいます。よってこまめに塗りなおすのが紫外線対策として最適でしょう。

万が一、日焼けしてしまったら

うっかり日焼けしてしまったアフターケア。ここでのアフターケアをしておくとしておかないでは、数年後のお肌が違うとまで言われています。アフターケアでオススメなのが『ビタミン誘導体』。肌に吸収された後に肌の中でビタミンに変身する物質です。 ビタミンは紫外線によるDNAのダメージを回復し、シミの原因であるメラニンを減らしてくれる優秀な成分です。アフターケアのスキンケアに、この「ビタミン誘導体」が入った化粧水やクリームを使うと、紫外線によってうけたダメ―ジが回復へと向かっていきます。美白効果ももちろんあるので、アフターケアをされる際はぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

 

おわりに

海外セレブのようなこんがり小麦肌も憧れではありますが、美白がやっぱり一番という方が日本人の方には多い気がします。ただ、筆者は日本人の方はやはり色が白い方が美人に見えます。アンチエイジングの意味も込めて、紫外線対策は入念にするのが、美肌にとっては最適かもしれませんね。美白は男性受けも◎!是非参考にしてみてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です