冬こそシャーベットカラーのマニキュアで、いい女度アップ!

冬のネイルカラーにこそ、寒色系がおすすめ!
水色やミントグリーンのマニキュアといえば、真夏のイメージがありませんか?

水着に合わせて、マリンやビーチを連想させる涼しげなカラーと相場が決まっていましたが、おしゃれな女性は、寒い季節にこそ、クールな色彩が決まることを知っていたのです。

シャーベットを連想させるネイル

パステルカラーをチョイス

寒い時期に、冷たさを想起させるマニキュアを塗るのは、大胆なおしゃれですよね。

とはいえ、いくら寒色系がおしゃれだといっても、紺色や深緑のような濃い色みはNG.
手の肌色よりも何倍も濃い色彩は、肌をくすませて見せますし、魔女のようで敬遠されていまいがち。

そうではなく、淡くやさしいパステルカラーをチョイスするのがポイントです。
あくまで、シャーベットやアイスクリームのような、かれんなミントグリーンや、空色、ラベンダーカラーがおすすめ。
ishi875_nankyokuhuukei_tp_v1
おいしそうに見える色彩を選ぶと、寒そうには見えず、粋でモダンな女性らしさをキープすることができますよ。

パール感、大歓迎! 

そして、真冬の寒色系ネイルは、マットなものよりも、小粒のパール感や、ひかえめなラメ感があるものがいいですね。

上品なキラキラ感は、手肌をきれいに見せるだけではなく、光に型って反射するたびに、無機質な美しさを醸しだしますから。

シャーベットのような甘くおいしそうなネイルは、ツルンとした質感よりも、ほのかなきらめきがあったほうがセクシーですよね。
といっても、やりすぎは厳禁です。

あくまで、かすかなキラキラを感じられるくらいが適度です。
また、同色のマニキュアを使用して、指先だけにパール感があるタイプをぬりわけると、より立体感が生まれるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

氷や雪、シャーベットやアイスクリームなど、透明で無機質なテクスチャーを上手に取り入れることができると、おとなのいいオンナっぷりが、ぐっと上がるのでおすすめです!!