市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違いとは?

Beautiful woman buying body care products

ノンシリコンシャンプーやオーガニック、カラー専用シャンプーなど、最近では数え切れないほどのシャンプーの種類が世に出回っていますが、いったい自分はどんなシャンプーを使えばいいのか?

いつも行っている美容室で勧められるシャンプーと市販のシャンプーはいったい何が違うのか、などを今回はご紹介しましょう。

一番の違いは洗浄成分

やはり市販のシャンプーと美容室のシャンプーの最も大きな違いは洗浄成分にあると思います。

市販のシャンプーの代表的な成分は、ラウリル硫酸Naラウレス硫酸Naなど。

どちらも低コストで非常に強い洗浄力を持ち、汚れを落とすためにアルコール系界面活性剤を使用しています。

これらを主成分で使用しているものはほぼ全てが、安全より利益を求めた大量生産型の商品であると思っていただいていいでしょう。

一方、美容室のシャンプーの成分はアミノ酸系の界面活性剤を使用し、低刺激で程よい洗浄力、コストが高め、と先ほどの正反対であることが多いです。

洗浄成分の違いが生み出す結果

・強い洗浄力のシャンプーで洗うことでフケが出たり、後々薄毛になりやすい

・カラーやパーマがすぐに落ちてしまう

・熱に弱い髪になりやすい

いいシャンプーの見分け方

もちろん売っている場所が美容室であれば良いものと捉えて間違いはないと思いますが、最近ではドラッグストアにも美容室シャンプーが売られていることがあります。

それを逃さない為に次のことを覚えておきましょう。

・ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの成分の名前を覚えて、それが入っていないものを選ぶ。

・覚えられない場合はシャンプーが白く濁っていないものを選ぶ。

二つ目は全てに当てはまるわけではないですが、先ほど挙げたような強い洗浄力の市販のシャンプーはほとんどが白く濁っていて、逆に美容室シャンプーの多くは透明であることが見分けるポイントになります。

さいごに

わたしは普段、担当のお客様の髪の変化があった時は必ず、そのきっかけが何なのかを聞き出します。それがシャンプーやトリートメントだったり、ストレスや寝不足だったり原因は様々ですが、大抵はあまり良くないものを使っててトラブルが起きた時が多いように思います。

毎日使うものだからこそしっかりとした知識を持って気をつけていきたいですね。