【綺麗な人は足裏も綺麗】自宅セルフケアでかかと美人に

これから暖かくなる時期を迎え、サンダルを履く季節。お友達の家にお邪魔したり、最近は飲食店などでも靴を脱ぐお店などが増えています。そんな時、足の匂いやかかとの角質ケアなど、気になる事って多くありませんか?靴を脱いだ時に足の悪臭が気になって落ち着かないという恥ずかしい経験、あなたも一度はあるはず。意外と見えていないだろうと思っていても男性は特に女性の脚元には目がいくもの。そんな時に角質だらけのかかとだと幾ら美人でもがっかり・・なんて事にならない為に・・。

 □そもそもどうして角質って出来てしまうの?□

私達の身体は紫外線等など、外からの有害物質から直接刺激を受けてしまわない様に、角質層が身体を守ってくれています。一定の周期でこの角質層は剥がれ落ちるのですが、お肌の乾燥によって古い角質層が新しい角質層の上に残ったままになる状態が起こって来ます。通常ターンオーバーが起こる事でこの角質は、瘡蓋の様に剥がれ落ちるのですが、お肌の新陳代謝は年齢と共に鈍くなり、歳を重ねるごとに角質は溜まり易くなってしまうのです。この古くなった角質を放ったままにしておくと、角質層にどんどん細菌が繁殖し、炎症を起こさせる事で悪臭を発生させてしまう事に・・。

【角質ケア方法】

市販されているフットジェル(袋付き)に足を1~2時間浸し、その後ぬるま湯で洗い流す。

1週間程で徐々に足裏の古くなった角質が剥がれ落ちます。

カチカチで頑固な角質の場合は、やすり使用やサロンでの処置が必要です。

 ■ツルツル足裏を保つ秘訣とは・・?■

□角質除去は程ほどに

どうしても角質があると見栄えが悪いので、やすりなどで削ったり足裏を傷つけてしまう方も多いですが、足裏は靴を履いて体重がかかった分、靴表面と足裏が擦れる事での摩擦をカバーしてくれている役目もあります。あまり無理して削るのではなく、剥がれ落ちるタイプでの角質ケアが無難でしょう。

□入浴の際は浴槽に浸かって角質を柔らかく、新陳代謝を促してあげる

古い角質が溜まってしまうのは、お肌のターンオーバーが正常に働かない事が要因となっています。浴槽に浸かって汗を出す事で、新陳代謝が活発になり、古い角質が剥がれ易い状況を作る事が出来ます。柔らかくなった角質は、剥がれ落ちやすくなるのでカチカチかかとを防ぐ事に。

□常に保湿を心がける

足裏は靴やストラップとの摩擦でどうしても角質が溜まり易い箇所。乾燥がひどくなるとターンオーバーの周期が乱れ、角質やひび割れの要因に。普段から保湿クリームなどをたっぷり塗ってあげる事で、乾燥から脚を守る事が出来ます。お風呂あがりは特に角質が柔らかくなっているので保湿クリームなどですぐにケアしてあげましょう。

□オイルでマッサージ

足裏は第二の心臓と言われている程、大切なツボがたくさんあります。血行不良が起こる事で代謝が悪くなったり、脚の浮腫みや疲れの要因に。お風呂上りにアロマオイルなどで足指、そして足首あたりまで優しく揉みほぐす様にマッサージをしてあげると良いでしょう。特に足の指の間をマッサージしてあげる事で、全身の疲れも取れやすく、血行不良が改善されます。

足裏2

 ※「悩みゼロの足裏に」お勧めツルツルパック※

□必要なもの□

・オリーブオイル

・蜂蜜

・サランラップ

①お風呂あがりや角質ケアをした後などに行うのがお勧め。オリーブオイル(適量)と蜂蜜(適量)を同じ割合くらいで混ぜてあげる。

②足裏、足の指などに優しく塗って、そのままサランラップで巻いてあげる。

③1時間程放置したら、ぬるま湯で洗い流す。

これだけでツルツル、しっとりかかとに。

 ■まとめ■

角質は固くなってしまうと、なかなかサロンなどに行かないと、ご自身では除去する事が難しいです。なるべく普段から角質ケアや保湿をしてあげる事で、カチカチかかとを防いであげる事が大事でしょう。綺麗な人は足のつま先までケアが行き届いています。足を出す季節が来る前に、あなたも普段からのフットケアでツルツルの足裏美人を目指しましょう。

 


田崎 エリカ

田崎 エリカ

投稿者プロフィール

美への追求を第一に、TV出演を経て、現在Twitterや、Blogを主に数多くの美に関するお悩みに日々答えています。美しさの根本を大切に外見だけではなく、内面からの美しさもサポートする美容研究家として活動出来る様、様々な観点から美を発信していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさまこんにちは。寝不足や疲れを感じている時、目の下にくまを見つけたことはありませんか?疲れた時や…
  2. 2015年は水素が流行り始めた年でしたね。 水素カー、水素エネルギーなどの産業をはじめ、 水素水…
  3. 食欲の秋。食欲があり、健康なのは良い事ですが、どうしても食べ過ぎによる肥満や体重の増加は気になるもの…
follow us in feedly
ページ上部へ戻る