気を付けて!セルフヘアカラーに肌トラブルが急増!

リーズナブルな価格でカラーの種類も豊富なセルフヘアカラー。自分でも簡単・綺麗に染められるように改良もされていて、ますます身近な存在となっています。その一方でトラブルが急増しているのをご存じでしょうか!?1つ間違えると大変な事になってしまうのです!

セルフヘアカラーで多いトラブル

セルフヘアカラーで起きているトラブルの多くは頭皮に関するものです。炎症やかぶれが起きた、ヒリヒリする、ブツブツが出来てしまったといった事です。液剤の中には刺激の強い薬品が使われています。そのため過去に何かしらの刺激を感じた事のある人は多いと思います。一過性のものだろう、いつも使っているものだから大丈夫、こんな判断はしていませんか!?実はこれがとても危険なのです。ある日突然強いアレルギー症状を引き起こし、その結果呼吸困難に陥ったケースもあると言うのです。顔や髪の生え際などが真っ赤にただれてしまい、それが1か月以上も治らなかったというケースもあります。

体調によって使用タイミングをずらす

化学薬品に対する反応は体調によっても変化します。例えば生理前後は肌が過敏になっています。また生活環境の変化などによって体に合わないものが出てくる事もあります。少しでも体調が悪い時は軽んじる事なく、カラーリングする日時を変更するようにしましょう。

面倒でもパッチテストを行う

ヘアカラーによる肌トラブルを防ぐのに効果的なのはパッチテストです。腕の内側等に液剤を少量付けることでアレルギー反応等が起きないかを事前にチェックするのです。市販のカラーリング剤にはパッチテストの方法が書かれていますので、自分の肌を守るために予め行っておいてください。

アレルギー原因物質を避ける

ヘアカラーによる肌トラブルの多くは酸化染料だと言われています。アレルギーが心配な人は予め避けて選ぶと良いかもしれません。ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメント、ヘナ等にはこの酸化染料が含まれていません。このような製品を選ぶようにするとアレルギーの可能性を減らす事が出来ます。しかしこれらの製品なら肌トラブルを引き起こさないというわけではないので注意して下さい。

小さな違和感でも見逃さないで

身近になった事でその危険性について意識しなくなってしまったヘアカラー。しかしそこには化学薬品が使用されています。メリット・デメリットを理解して正しく使用しましょう!