ほたての殻を使って、野菜を安全にいただくコツとは?!

野菜やくだものは、必ず国産を選んでいる。というひとは多いのではないでしょうか?

中国製なんてコワイ!!
という声をよく聞きますし。でも、なぜメイドイン・ジャパンでないとだめなのでしょうか?
化学肥料や農薬の使いすぎが問題視されていますよね。
たしかに、異物をたくさん使用しているものを口に入れるのは、抵抗があるとおもいます。

しかし、残留農薬なら日本製のものでも、安全だとはいいきれません。
それならば、どのくらい、農薬を使用しているかよりも、異物自体をとりのぞいてからいただくことを考えませんか?

野菜を安全に食べるコツとは?

ほたての殻の粉末を使用!!

最近、ナチュラル系の食品店や、オーガニックな食材売場で見かける【ほたての殻の粉末】。
いったい何に使うのか、疑問にもっているひとも多いことだとおもいます。

実は、この白い粉で野菜やくだものを洗うことができるのです。
この粉末のほたての殻ですが、ほたての殻を高温で熱したあと、粉にしているものですが、人体に無害なだけでなく、食材の残留農薬などの異物を浮き上がらせる効果があることが知られています。

意外な効果がある?!

まずボールに水を張り、適量のほたての殻の粉を投入します。
そのまま時間をおくと、水面にじょじょに黒ずんだ油っこい膜が浮いてくるのです。
この不気味できらびやかに輝く油膜こそが、野菜やくだものにのこっている異物なのですね。
もちろん、こんな、ドロドロを口に入れるわけにはいかないですよね。
ですから、このあぶら分を捨ててから、調理をしましょう!!

これまでは、何も考えずに料理をしていたことだとおもいますが、こんな、かんたんな方法で異物をとりのぞくことができるのです。
野菜の産地やオーガニックにこだわるのも悪くはありませんが、付着してしまった農薬でも、とりのぞいてしまえば身体に害をおよぼすことはありません。そして、このほたての殻で洗う方法を覚えると、これまで、あれだけたくさんの毒素を体内に入れていたのかとこわくなってきました。