あなたの体は大丈夫?単なる肥満より怖い、サルコペニア肥満!

みなさんは「サルコペニア肥満」という言葉を聞いたことはありますか?この肥満は、単に体脂肪が増えてしまう「ただの肥満」とは別ものの肥満になります。今回はこのサルコペニア肥満についてご紹介いたします。

○サルコペニア肥満とは?
サルコペニア肥満といっても、聞きなれない方がほとんどだと思います。最近ではテレビなどでもちょっとだけ取り上げられていることもあります。
サルコペニア肥満とは、「筋肉が減り、体内の筋肉よりも体脂肪が多くなった状態」の肥満を言います。サルコペニア肥満は、メタボリックシンドロームよりも、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすリスクが高くなると言われています。
「体重・体型は変わらないのに、体脂肪率は増えている。」という方は要注意。もしかしたらサルコペニア肥満の可能性があるかもしれません。

○サルコペニア肥満の原因
では、サルコペニア肥満になる原因はなんでしょう?サルコペニア肥満は、前述した通り、筋肉が減って、体内の筋肉よりも体脂肪の方が多くなった状態のこと。筋肉が減る原因として、第一に考えられるのは「体を動かさないこと」です。年齢を重ねるにつれて、筋肉は徐々に減っていきます。ウォーキングなど、日常生活で体を動かす機会がある方は、筋肉が一気に減ることを防ぐことはできますが、加齢に加えて、さらに体を動かさないのであれば、サルコペニア肥満になりやすい状態を作ってしまいます。また、筋肉が減ってしまうと、疲れやすくなってしまったりすることで、動くことが億劫になり、ますます動かなくなってしまうことで、サルコペニアに拍車をかけてしまうことになります。
無理なダイエットをしている方も要注意!カロリー制限によって、筋肉が減り、サルコペニア肥満を作り出してしまうことにもなります。

○サルコペニア肥満かどうか、チェックしてみよう!
「自分がサルコペニア肥満なのかどうか調べたい」という方もいらっしゃるかと思います。では、どのようにしたらチェックできるのでしょうか?その方法を伝授いたします。

⑴片脚立ちで靴下を履いてみる

⑵椅子に座って、片足で椅子から立ち上がる

上記2つの方法のうち、どちらかを試してみて、左右どちらかできなければ、サルコペニア肥満の可能性があるかもしれません。

○サルコペニア肥満を予防するには?
では、サルコペニア肥満を予防するには、どうしたら良いでしょう?
サルコペニア肥満の原因は「加齢と運動不足」にあることは、先ほど前述いたしました。加齢は人間にとって避けられないため、予防するには運動不足を解消することが大切となってきます。日常的に歩く機会を増やしたり、下半身の筋肉トレーニングを行なったりすることで、筋肉量を増やしていきましょう。下半身の筋肉トレーニングとしては、つま先立ちやスクワットなどが挙げられます。道具を使わず、自分の体一つでできるトレーニングです。

いかがでしたか?筋肉が減ってしまうと、体脂肪を燃やす材料がないので、燃焼の悪い体になる上、生活習慣病をも引き起こすリスクもあります。過度な食事制限や運動不足は筋肉減少の元!サルコペニア肥満にならないためにも、栄養バランスの整った食事と適度な運動にぜひ取り組んでみてはいかがでしょう?