たるみ・ほうれい線の改善に○○が効果的!!

年齢とともに、重力の影響を受けるのは仕方ないこと。
とはいえ、深く刻まれたほうれい線や、ほほの垂れ下がった顔に変わってくるのは、やはり嬉しいものではないはず。

いったいどうすれば、ひきしまった顔を維持できるのでしょうか?

そんな悩める女性の皆さんに、朝晩たった3分で、たるみと無縁のすっきりフェイスになる方法をお教えしちゃいます!!

頭に血がのぼるっ!! 

逆立ちをすれば、スッキリフェイスに? 

子どものころならとにかく、おとなになると、でんぐり返しや、さかあがりでさえもむつかしくなってきますよね。

定期的に運動したり、ダンスやバレエを習っている人はとにかく、おとな女子は、身体を動かすことだけでも大変ですから。
DI_IMG_5771_TP_V[1]
しかし、だからこそ効果がある方法があるのです。
それは、ズバリ朝晩3分ずつ逆立ちをすることです。
逆立ちをすると、ふだんの生活では、あまり使っていない顔の筋肉に力が入り、また、血行が良くなったり、新陳代謝が活発になるというメリットも。

朝起きがけと、晩に寝る前の2回逆立ちをすると、顔面の体操になり、たるみのできかたに差がついてきます。

体操教室の講師や、サーカス団員は、年齢を重ねてもたるみに悩む人が少ないのは、このことかと、納得できました。

むつかしい場合は・・・

といっても、サーカス団員じゃあるまいし、今さら逆立ちなんてできない!!
という人もいるのではないでしょうか。

そんなときには、座布団を丸めた上に肩甲骨をのせるようにして、仰向けに寝ころがってください。
そして、大きくバンザイの姿勢をとります。

簡単なポーズですが、日常生活の中でうつむきがちな頭をスッキリとさせる効果があり、気になるほうれい線や、まぶたのゆるみにも即効性が感じられます。

下を向く時間をできるだけ減らして、上を向くという習慣をつけると、ブルドック顔にならずに、若々しいフェイスをたもてるのかもしれません。
ぜひ、1日2回の逆立ち習慣、はじめてみませんか?