あなたの睡眠は大丈夫?質の良い睡眠で美しくなろう!~良質な睡眠を取るための習慣~

あなたの睡眠は大丈夫?質の良い睡眠で美しくなろう!~良質な睡眠を取るための習慣~

「しっかり寝てるはずなのに、なんだか眠い。」「睡眠時間は確保できてるはずなのに、なぜか疲れが取れない。」あなたもそんなお悩みを抱えてはいませんか?睡眠は身体を休息させるための大切な時間。今回は良い睡眠を取るための方法・習慣について紹介します。

睡眠に関する障害

「よく眠れない」「途中でよく目が覚める」など、睡眠障害にもいろんな種類があります。まずは睡眠障害について紹介。
⑴早朝覚醒
目覚ましをかけても、予定の時間より前に目覚めてしまう障害

⑵熟眠障害
睡眠時間は足りてるはずなのに、なぜか熟眠感が得られない障害

⑶入眠障害
布団に入ってから眠りにつくまでが長くなる障害

⑷中途覚醒
起きるはずの時間ではないのに、睡眠の途中で何度も目が覚める障害

6af3193573347d87975f97c414343f36_s

良質な睡眠を取るとどんなメリットがあるの?

実際に「良質な睡眠」を取ると、身体にとっては以下のようなイイコトがあります!
・ストレスが緩和される
→寝ている間に、脳は感情の整理も行うそうです。
・肌がキレイに(肌荒れが改善していく)
→睡眠中に多く分泌される成長ホルモンの活動が高くなるため、ターンオーバーや細胞の活動が活性化されます。
・太りにくくなる
→食欲に関わる2つのホルモンのバランスが整います。
・記憶力アップ
→脳は暗記したことなどを寝ている間に整理していきます。

良質な睡眠を取るための生活習慣!

良質な睡眠を取ることによるメリットは前述しました。では、良質な睡眠を取るためには、どんな習慣であると良いのでしょう?方法をいくつかご紹介します。
⑴日光を浴びる

⑵運動をする

⑶寝る前のカフェイン摂取を控える

⑷寝る前にTVや携帯を見ることを止める

⑸ハーブティーを飲んだり、アロマを焚いてリラックス環境を作る

⑹ストレッチを行う

⑺ぬるめのお湯で湯船に浸かる

などなどです。

睡眠が不足してしまうと、身体をコントロールしている自律神経のバランスがくずれてしまいます。日中は交感神経優位に、夜になるにつれて副交感神経優位になることが理想ですが、強いストレスや環境によって、その切り替えがうまくいかないと、良質な睡眠は取りにくくなります。また、睡眠時間を確保してても、寝つきが悪かったり、眠りが浅いと睡眠の効果は薄くなってしまいます。ダイエットや美肌、ストレスの緩和などにも、快眠は大切になってきます。もし、なかなか良い睡眠が取れていない方はぜひ、今回ご紹介した「良質な睡眠を取るための方法」をお試ししてみて下さい!