綺麗な肌の条件とは?血色の良い肌を作る生活習慣!

お肌のトラブル、女性であれば1度は気にしたことがあると思います。乾燥やニキビ、毛穴の汚れなどなど、一つでもお肌のトラブルがあると、それだけで気持ちは沈みますよね。
今回は綺麗な肌の条件をご紹介すると同時に、血色の良い肌を作るために必要な生活習慣についてご紹介したいと思います。

綺麗な肌の条件とは

一口に「美肌」といっても、どのような肌を言うかご存知でしょうか?美容業界において、美肌の条件というのは「う・な・は・だ・け・き」と言われているそうです。
う「うるおい」
な「なめらかさ」
は「ハリ」
だ「弾力」
け「血色」
き「キメ」
これらの条件が揃うと、究極の美肌!肌トラブルがなく、上記に挙げた条件が全て揃ったら、すごく嬉しいですよね!

美肌は内側から作られる

美しい肌を作るために必要なことは何だと思いますか?高い化粧品を使うことでしょうか?実は、美肌作りに必要なことは、外側からのケアではなく、内側からのケアが要となってきます。そのため、自分自身の生活習慣を美肌生活にすることが大切になります。
美肌になるために必要なことは、「睡眠」「食事」「水分補給」「運動」「入浴」。これらの習慣を意識することで、少しずつ美肌を作ることができます。

入浴で血行を良くする!

美肌作りに必要な生活習慣の1つである「入浴」。入浴をすると、なぜ美肌になるのでしょう?
例えば、肌トラブルの1つである「くすみ」。これは肌の血色の問題になります。血色の悪いのには「血行不良」という体内の問題が挙げられます。夏なのに手足が冷たかったり、冷え性をもっている方はいませんか?当てはまる方で肌のくすみが悩みの方はいないでしょうか?入浴をすると、血管が拡張され、血流量も増えます。同時に体温も上がりますね。身体はポカポカすると思います。ポカポカした状態は血行が良い状態です。頬はピンクになって、口唇も赤くなっているでしょう。
これから寒い時期になります。血行不良を防ぐためにも、湯船に浸かる回数を増やして、血行不良と無縁になれたらいいですね!