【ローズヒップオイル】で年齢知らずの肌に!ミランダカーが愛用する理由

アンチエイジングといえば多くのケアが注目され、雑誌にも特集されています。
ここ最近話題になっているローズヒップオイルがアンチエイジングに絶大な効果があるって知っていますか?
美容に敏感な平子理沙さんも愛用している様です。
そんな中ミランダカーがスキンケアやボディケアにローズヒップオイルを愛用しているという事でこのオイルの効果が話題に。
ミランダカーいわく、「妊娠線が消えたの・・」とローズヒップオイルを大絶賛。
その効果や使い方が知りたいあなた・・必見です。

■ローズヒップオイルって何?■

ローズヒップはアンデス山脈に生息する野バラ。
ヨーロッパではジャムの材料などに使用。スキンケアに使用されているローズヒップオイルは、この種から抽出されています。

□どうしてアンチエイジングにいいの??□

※主成分※
・必須脂肪酸 (オレイン酸・アルファリノレン酸・リノール酸)
・ビタミンC
・ティリロサイド(ポリフェノール)

【驚くべき5大美容効果がすごい】

①しわを薄くする
ビタミンCの含有量はなんとレモンの約10倍。ビタミンCがお肌の真皮層に浸透する事でコラーゲンの生成が促され、しわの抑制になります。
②妊娠線やニキビ跡、傷痕の修復作用
必須脂肪酸による細胞修復作用、ティリノサイド(ポリフェノール)による抗炎症作用によって、肌細胞自体が再生され、妊娠線やニキビを薄くする効果があるといわれています。
③メラニン生成を抑える事での美白効果
春夏は紫外線が一層強くなります。紫外線は美肌の大敵に。ビタミンCがメラニン生成を抑制し、色素沈着を予防。しみの出来づらい美白へと導きます。
④細胞や皮膚の酸化を防ぐ
必須脂肪酸による抗酸化作用、更にはビタミンCにも活性酸素を除去する役割があり、非常に高いアンチエイジング効果が期待出来ます、
⑤お肌のキメを整え、毛穴を目立たなくする
女性にとって気になるのが毛穴。お化粧をしてもキメが荒いと隠せません。ビタミンCはお肌のターンオーバーを促し、古い角質を除去する事で、新しい角質層に入れ替える周期を正常に。

ローズヒップ2

■どうやって使ったらいいの??■

洗顔後、お化粧水を馴染ませた後、特にシミやしわが目立つ箇所などに適量を塗るだけでOK。
ゆっくり指の腹で丸く円を描く様に、塗りこみます。
翌朝、しっとりツルツルな美肌に。
※更に効果を得たいなら・・バスタイムがお勧め※
①洗顔後、ローズヒップオイルを手のひら(500円玉くらい)を取り、顔全体に優しく馴染ませる
②そのまま身体を洗ったり、湯船に浸かるなどして、20分程放置
③ぬるま湯などで優しく洗い流すだけ。

■まとめ■

いかがでしたか?実際にローズヒップオイルを塗り続けたら、色が前より白くなった、ニキビ跡が目立たなくなった、毛穴がわからなくなったなど、多くの喜びの声がある様です。
美容業界では注目されており、こんなに効果があるのなら一度使ってみたいと思う女性は多いはず。ミランダカーが愛用する理由も納得です。
あなたもローズヒップオイルで年齢に負けない若々しい美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です