その肌荒れ、メイクアップツールが原因かも!?

バランスの良い食事を心がけ、睡眠もたっぷり。大きなストレスもないし、生理前でもない。なのになんだか肌荒れが治らない…そんな人はいませんか?実は、いくら身体の中からキレイを心がけても、アレをキレイにしていないと効果半減なんです!

メイクアップツールは雑菌の温床

ファンデーション用のスポンジ、フェイスパウダー用のパフ、チーク用にブラシなど、お化粧するだけでも様々なメイクアップツールを使われていると思います。色物を使うわけですからすぐに色がつくのは当たり前。だけどだんだん、その色に慣れてしまっていませんか?本来は真っ白だったはずのパフが、気づいたら毎日茶色く汚れていませんか?
ある研究では、1週間続けて使用したパウダーファンデーション用のスポンジを検査したところ、7〜8月で約8万個、10〜11月では約4万個の雑菌が検出されたそう。特に意識せずワンシーズン使ってしまった、なんてことになると、そのスポンジの雑菌の数は考えるだけでも恐ろしい!
また、汚れたままのツールを使うと、化粧品自体も本来の力を発揮できません。「最近化粧ノリが悪い」「なんだかアイシャドウの色がパッとしない」なんていうときは、汚れが原因かもしれません。

それぞれ適切なお手入れを

ブラシ、スポンジなどツールによりお手入れ方法は異なりますが、基本的にツールを扱うブランド、またはドラッグストアに行けば専用のクレンジングが売られています。説明通りに洗浄したあと、しっかりと乾かしましょう。きちんと洗っても、乾きが悪いとまたそこから菌が発生します。
ブラシは、頻繁に洗いすぎると毛がどんどん抜けてしまうものもあるため、1〜2週間に一度くらいのケアでOK。ファンデーション用のスポンジは汚れが気になったら都度洗い、ヘタってきたと感じたらどんどん買い替えてしまいましょう。

おわりに

どんなにお肌を清潔に保っても、雑菌のついたツールでぐりぐりしていては肌荒れは治りません。お肌だけでなく、道具も清潔にして美肌を目指しましょう。