「ゆるぎ肌」の次は「梅雨肌」!?季節の肌荒れを乗り越えよう

気温が高くなり、花粉が飛び交うようになると、お肌がゆらぐ。この状態はゆるぎ肌と呼ばれ、温度変化や花粉により生じる肌荒れのことを表しています。ようやく花粉も落ち着いたころ、次に訪れるのは梅雨。この時期にもなぜかお肌が…?
ゆるぎ肌の次は梅雨肌!乗り越える方法をお話ししていきます。

梅雨肌って?

6月になると、なんだか肌の調子が悪い。これは梅雨肌と呼ばれます。気温が高くなり、汗や皮脂の分泌が増えてきたところに、空気中の湿気が加わりベタつきが生まれます。過剰な油分により毛穴が詰まったり、皮脂コントロールができなくなることにより肌トラブルが起きてしまうのです。

梅雨肌の改善方法

皮脂をしっかり落とす

普段以上に大切なのが、クレンジングと洗顔です。ファンデーションを落とすのはもちろんのこと、皮脂までしっかり落としきるタイプのアイテムを選びましょう。そのあとの保湿もきちんと。過剰に皮脂が分泌されてしまわないよう、丁寧なスキンケアを心がけましょう。

皮脂を放置しない

雨による湿気は防ぐことができませんが、自らが生み出す皮脂であればまだコントロールができるはず。汗や皮脂をかいてしまったなと思ったら、すぐにオフ。上からスプレータイプの化粧水などで保湿することも忘れずに。

メイク直しはパウダーで

梅雨肌の強い味方になってくれるのがパウダーです。仕上げにパウダーをつけることで、皮脂を吸着してくれるためべたつきを軽減してくれます。もともと皮脂が多い肌質の場合は、皮脂くずれを防止できる化粧下地を併用するとさらに効果的。少しでもべたつきをなくし、さらさら状態をキープするようにしましょう。

おわりに

季節にあわせたスキンケア、ベースメイクをすることで、季節の肌荒れはきちんと乗り越えることができます。梅雨肌に負けず、夏を待ちましょう!