お肌のケアにライスオイルを取り入れよう

お肌の乾燥対策に、オイルを使われている方も多いと思います。アルガンオイル、ホホバオイル、オリーブオイルなど、一言にオイルといってもたくさんの種類があります。今回はそのなかのひとつ、ライスオイルをご紹介していきます。

ライスオイルって?

ライスオイルとは、米ぬかや米胚芽に含まれる油分を精製したものです。さらっとした質感で、べたべたが苦手な方でも使いやすいオイルといわれています。美容オイルだけではなく、食用のオイルとしても使われています。

ライスオイルの効果

抗酸化作用

ビタミンEの一種であるトコトリエノールが含まれています。このトコトリエノールは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、抗酸化作用があることで知られています。なんと、通常のビタミンEの40〜60倍ともいわれる強力な抗酸化作用で、しみシワの予防や美白効果が期待できます。

お肌の保護

リノール酸が含まれており、べたつかないながらも高保湿でお肌の潤いを保ってくれます。

ライスオイル活用法

お肌の保湿剤に

化粧水のあとの保湿に、荒れた指先に、乾燥したボディに。お肌のいたる部分に保湿剤として使うことができます。香りはありませんが、たしかな効果でボディケアするのが楽しくなりますね。また、伸びがよいのでマッサージオイルとしても使いやすいですし、頭皮ケアのために自宅でのヘッドスパにも活用できちゃいます。

おわりに

美容に使われるオイルは数多くあり、それぞれのオイルに良さがあります。ひとつのオイルにだけ縛られるのでなく、いろんなオイルを使って美容を楽しんでいきたいですね。今回初めてライスオイルを知ったという方、ぜひ店頭でお試ししてはいかがでしょうか。また美容の世界が広がっていきますよ。