「休息」にも種類がある?!積極的休息と消極的休息のお話

仕事や家事をしていると誰でも「疲労」を感じることがあります。疲労を回復するためには休むことがいちばんと、体を休めてしまいますが、今回は疲れた時の休息について少しだけご紹介したいと思います。

休息の種類

休息には2つの種類があることご存知でしょうか?疲れた時にわざと身体を動かす休息の仕方を「積極的休息」といいます。一方、疲れた時にただ寝て休むことを「消極的休息」といいます。
デスクワークで座りっぱなしの状態が続くと、筋肉は硬くなってしまい、血行も悪くなります。老廃物が体内に溜まって、放っておくと肩こりなどの原因になります。この時に少しだけ身体を動かすと、血行が良くなって疲労物質が取り除かれます。これが積極的休息です!
マラソン選手やアスリートはトレーニングをしたあとはすぐに身体を休めず、ストレッチをしたり軽いジョギングをしたりしますよね?これは積極的休息をとっている状態になります。

疲労回復には積極的休息がオススメ

疲れたからとエクササイズを休むのではなく、疲れた時こそ軽い運動をして、体内に溜まっている疲労物質を取り除きましょう!その方が疲労回復しやすくなるそうです。積極的休息の目的は血行を良くすることにあります。軽めの運動といっても、走ることや歩くことだけではなく、ストレッチなどでもGOOD!入浴やマッサージをプラスするとさらに疲労回復も早くなります!

いかごでしたか?疲れたからといって寝るのではなく、そんな時こそ少しだけ身体を動かしてみましょう!積極的休息を取ること、みなさんもぜひ意識してみてください!