【恋愛】駆け引きをするときの5つのポイント

恋愛をする上で相手の男性との駆け引きが必要な場合がありますね。
恋愛経験が少ないほど駆け引きなんて出来ない!と思われる方もいると思いますが、好きになった相手が駆け引き上手、ライバルが駆け引き上手であれば参戦しなければいけないのも事実。
もし、失敗したとしても自分の恋愛経験になると思って、トライしてみるのもアリだと思います。
今回は恋愛で駆け引きをするときの5つのポイントをご紹介します。

1恋愛の駆け引きできる相手なのか?をまず確認

85a91bf5615d79997e2da9c8b7114871_s
あまりにも恋愛経験がかけ離れすぎている男性に駆け引きを挑む、応戦してもNG。
あちらが自分の体験以上に大胆な駆け引きをしてくる場合、あれ、これは駆け引きかな?と思った場合は、出来る限り相手をしないように努めましょう。
相手はどんどん自分の有利な方向へものを進めてくるので、流しながら本当にこちらと付き合うつもりがあるのか?ヤりたいだけなんではないのか?
といった部分をしっかりと見極めなければなりません。
背伸びをしてもダメ。恋愛経験があまりにも違う場合には価値観も大きく違い大変な思いもすることも多いので、まずは恋愛経験が同じ程度の人を選ぶのも吉です。

2押すだけではダメ!

72f438e5decf4a6857209a61e78820fd_s
恋愛において駆け引きをするならば相手のことがどれくらい好きでも好き好きと自分の気持ちを伝えるような態度をとるのはNGです。
なぜなら男性が相手から好意を受けた場合「この子が好きだと思われてる、うれしい」と思われるより、「俺ってモテる」と勘違いしてしまう男性が圧倒的に多いのです。
あくまで「友達」「知り合い」という立場にいて、よく気が合うことが多いね、というくらいのアピールが最適でしょう。
男は自分から突っ込んでいきがちの生き物です。慌てずに相手の動きを待ちましょう。

3「いいね」は決して押さない

83044c1b4dc7ff3a2ee8a05645c15a59_s
facebookやツイッター、さらにはラインのタイムラインからインスタグラムまで、最近では多種多様なSNSで自分の環境や出来事共有できる場所が増えましたね。
ですがここで注意したいのは、恋愛の駆け引きをしたい時は相手に好意があるからと言ってむやみやたらと「いいね!」やコメントをしないこと。
なぜかというと、SNSではみんな少なからず、自分を第三者にアピールしたいという気持ちで投稿をしているからです。
いいね!を押すという行動は、異性の間柄になると第三者=友達というイメージを男性に与えかねないのです。

SNSの話は直接会ったときに!

とはいえ、まったく相手のSNSを見ていないというのは興味がないからなのか?と男性に思われるので、ここでさらにポイントとしては、
直接会ったときに「あの写真そういえばあがってたね」「○○○行ってたよね」とさらっと話題のひとつとして取り入れることをお勧めします。
すると男性は「あ、見てくれてないと思ったのに、ちゃんと見てくれているんだ」と2段階で喜んでくれると思うので、あなたに「特別感」を感じる可能性はグッと高くなります。

4「会いたい」と自分からは言わない

7f9183f24764e22aa59d600e28cc9598_s
「会いたい」と自分から言っちゃいけないと、どうしても距離を縮めることが難しくなってしまう!と思われがちですが、
誘い方を工夫するだけで会うきっかけを作ることはさほど難しくありません。
こんなバーがあるんだけどここに行きたい、こんなイベントがあるからここに行きたい、という感じで、行く場所を先に共有することを率先して行いましょう。
すると彼へはいろんなところへ行きたいから誘われているんだという気持ちになり、あなたが自分に好意を持っているから誘っているという概念が少し薄れます。
急がば回れ、回りくどくデートの数を増やしていきましょう。

5マイナスポイントはいい雰囲気の後に…!

a0c2b80fa031342a17c03fdd51b95bb7_s
もし自分にマイナスポイントがあるならば、いい雰囲気のあとにしれっということを心がけましょう。
まだ自分に興味がない、知り合ったばかりの女性がいきなりマイナスポイントを言われてしまっても、男性は一人の人間として客観的にあなたを見る場合が多いのです。
少し仲良くなって、友達以上の段階に突入したあとにマイナスポイントは言うようにしましょう。

また、付き合った後に自分のマイナスポイント告白するのはルール違反です。それは男性は嘘をつかれていたと
認識することが多いのです。プラスもマイナスもありのままの自分を受け入れられるような体制を相手に作ってあげることも重要です。

いかがでしたでしょうか?

恋愛の駆け引きの方法はいろいろあると思いますが、無理して駆け引きをする相手と恋愛をする必要もないのかもしれません。
駆け引きをするということは、少なからず相手に本心を見せないということでもあるので、自分が本当に居心地がいいパートナーとは限らない場合もあります。
駆け引きをするときは、思いっきり駆け引きを楽しむくらいの気持ちで臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です