身体の中から美しくなる!若返り+減量を成功させる食事法とは?

美容で最も大切なのは、日々の生活。その中でも食生活は最も美を左右します。美の基本は食にありといっても過言ではありません。どんなにお肌のケアをしていても、食生活が乱れていては、肌本来が持つ「美しくなろうとする力」も衰えてしまいます。何歳になっても美しさをキープ出来ている女性達は、食事には人一倍気を配っています。日々の生活の中で誰にでも出来る気を付けるべき食事法をまとめてみました!

食事法で気をつけるべきポイント

■食事時間
■ビタミンをバランス良く摂取
■脂質、糖質は控えめに
■満腹になる手前で、抑える
■酵素

体の内側から美しくなれる食事法とは・・?

①食事は寝る3時間前までに

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

寝る前に食事を摂るのが良くないとされる理由は、体を動かさなくなる為は勿論ですが、酵素にも重要なポイントがあります。
酵素は消化を助ける「消化酵素」と、「代謝酵素」があります。
代謝酵素の一部である『修復酵素』は、活性酸素等で傷ついた細胞を修復してくれる重要な酵素。
寝ている間に、修復酵素は活動し、肌細胞を修復し、美しいお肌に導いてくれるのです。
寝る前に食事を摂ってしまうと、消化酵素に対し、代謝酵素(修復酵素)の働きが追い付かなくなるので、寝る前の食事は控えた方が良いのです。

 

②食事は腹六分で抑える

「消化酵素」と「代謝酵素」はそれぞれ働きがあります。消化酵素は、食べ物の消化や吸収を助け、代謝酵素は、栄養分をエネルギーに変える働きをします。
食事の際に、必要以上の量を食べてしまう事で、消化酵素の働きが追い付かないので、代謝酵素にまで役割が回らなくなります。
そうすると、使われない栄養分が脂肪として蓄積されてしまうのです。
食事は腹六分目くらいにしておくのが、代謝酵素を効率良く発揮させるポイントです。

 

③食事は良く噛んで食べる

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

食事は最低限でも『30回』噛む事が理想です。
食べ物を良く噛んで食べる事によって、唾液の分泌が良くなり、消化酵素『アミラーゼ』の働きによって、血糖値が上昇し、満腹中枢が早い段階で刺激されます。
お腹がいっぱいという信号が送られる為、食べ過ぎ予防になります。
自然と摂取カロリーを抑える事が出来、ダイエットにとても効果的なのです。

④ビタミンB2を摂る

ビタミンB2は、別名『脂質代謝ビタミン』と言われており、口から摂取した脂質や糖質の吸収を抑え、中性脂肪を減らす役割を果たしています。
脂質を素早くエネルギーに変える働きをしているので、ビタミンB2が不足すると、代謝が悪くなり、体に脂肪がつきやすくなってしまいます。

※ビタミンB2を多く含む食品

【レバー・卵・納豆・うなぎ・アーモンド・乳製品】

 

⑤発酵食品を習慣づける

347a890794828bc9f97cc414206ef344_s

韓国の女性が美しいのは、キムチを食べているからとも言われていますよね。
発酵食品には、腸内環境を整える乳酸菌や便秘解消に効果的な酵素が大量に含まれています。
特に納豆には、『ナットウキナーゼ』という酵素が含まれており、血栓を無くす働きや血液をサラサラにしてくれるので、新陳代謝アップにも繋がります。
また、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、バストアップや美肌にも大変効果的です。

 

簡単な食事法ですが、小さな心がけを継続すると数ヵ月後、お肌やスタイルに必ず変化が出てくると思います。「美は食生活から・・」を意識して、生活してみてくださいね。