知らないと効果半減!ReFa(リファ)の正しい使い方とは?

発売以来、新作が出るたび話題にのぼる大人気美顔器、ReFa。全身使える万能タイプや、4つのローラーでごりごり流せるボディ用、細かい部分にも使いやすいフェイス用など、バリエーションも豊富です。5分ほどで全身ケアできる手軽さも人気の理由ですが、実は意外と、正しく使えていない人が多いってご存知ですか?

意外と知らない?正しい使い方

ソーラーを隠すとマイクロカレントは出ない

ReFaはただ、ローラーを使ってリンパを流すだけではありません。ソーラーパネルがついており、そこからマイクロカレントという微弱電流を発生させます。ごりごりと勢いをつけて使うあまり、ソーラーパネルを手で隠してはいませんか?

暗室に保管するとマイクロカレントが出にくくなる

ReFaは専用の袋があるのでそちらに保管したり、部屋にぽんと置くことに抵抗のある人は戸棚などに片付けていると思います。しかし、長期間閉じ込めておくと、使う際すぐにマイクロカレントが発生しない場合があります。発生しているかの確認方法は簡単、ReFaでスマートホンの画面が操作できるかやってみるだけ。これで画面が動かなければ電池切れと判断し、しばらく光に当てておきましょう。太陽の光でなく、室内の電気でもOKです。

湯船はOK、入浴剤はNG

防水仕様のため、入浴中の使用もできるのがReFaの魅力のひとつ。しかし、入浴剤入りの湯船でRaFaを使うのはよくないのです。変色や故障の恐れがあり、公式でも推奨しないとアナウンスされています。美肌のため、芯から温まるため、入浴剤を入れている方は多いのではないでしょうか。その場合は、入浴後、ボディケアをすませてから使うようにしましょう。

大前提は、正規品であること

インターネットでは、格安ReFaも多く販売されています。しかし、正規品とされているのは本来、公式サイトからの通販か、正規店での購入のみです。もちろん、家電量販店やバラエティショップで売られているものすべてが偽物だとは限りませんが、多少のリスクが伴うことは頭に入れておかなければなりません。偽物であった場合マイクロカレントは出ませんし、ReFaが謳う効果もどこまで見込めるかわかりません。格安とはいえ、お金を払う以上は正規品を購入するようにしましょう。

おわりに

せっかく効果の高いアイテムも、使い方を誤っては意味がありません。正しく使って、キレイを目指しましょう。