もう梅雨は怖くない!湿気に負けない髪を作るには?

夏の前に必ず訪れる、梅雨。湿気で広がる髪に、毎年悩んでいませんか?諦めて毎日同じまとめ髪、なんてつまらない。正しくヘアケアして、憂うつな梅雨を乗り越えていきましょう。

どうして髪が広がるの?

髪は傷むと、表面のキューティクルが剥がれてきます。その剥がれた隙間から、空気中の水分が入り込み、その水分を溜め込んだ部分が膨張することによりうねり、広がりが発生します。湿気の多い場所では特に空気中に水分が多いので、雨がよく降る梅雨時期こそ、髪がまとまらないのです。

湿気に負けないヘアケア

傷んだ髪はカットしよう

髪は死んだ細胞です。いくらトリートメントをしても、傷んでしまった髪が元通り復活することはありません。傷みがひどい髪ほど水分を含み広がりやすくなります。この場合は潔く切ってしまうのが一番。話はそれからです。

基本のケアを丁寧に

とにかく髪を傷ませないことが重要なので、基本とされるヘアケアを毎日しっかりと行いましょう。お安いからと、市販のシャンプーを使っていませんか?熱いシャワーで一気に流していませんか?髪と頭皮を労わり、また、トリートメントはすぐに洗い流さない、髪を乾かしてから寝るなど、つい手を抜いてしまいがちなこともきっちり行いましょう。

外出先ではオイルが活躍

しっかりお手入れしても、外出先で気づくと髪が広がってしまった、ということありますよね。そんなときに役立つのが、オイルです。トイレに立ち寄った際、ついでにと水道の水でささっと髪の毛を直す方がいますがこれは間違い。一時的に戻ったように見えますが、余計な水分を与えてしまうためさらに広がる可能性があります。スプレータイプのさらっとしたオイルを髪に振りかけ、手ぐしを通すのがオススメです。

おわりに

美髪は女性をさらに魅力的に見せます。梅雨という環境に負けず、まとまりのある髪をぜひゲットしてくださいね。