恐怖!糖化が招く結果とは!?糖化を防ぐ方法を徹底追及!

美容の大敵と言えば紫外線に活性酸素、そして糖化です。近年、紫外線対策や水素水ブームでの活性酸素対策を行う人が多くなっています。では糖化の対策はどうでしょう。ちょっと遅れがちの糖化対策と、糖化の危険についてまとめてみました。

糖化とは

糖化とは体内で余った余分な糖質が変化し、老化を促進させたり病気を引き起こしたりする事を言います。身近な所では、調理の際に肉やパンが焦げてしまう事もあると思いますが、そのコゲが糖化になります。

糖化が招く恐ろしい未来

糖化は老化を促進させるAGE(糖化最終生成物)を作ります。これによって肌の弾力が損なわれたり、シミが出来やすい状態になるなど、美容に様々な悪影響を及ぼします。その他にも髪の毛のツヤが無くなる、骨が弱くなる、血管がもろくなる、アルツハイマーを引き起こす等、実に多くの悪影響を及ぼす事がわかっています。美容はもちろんの事、健康も損なわれてしまう恐ろしいものなのです。

糖化を防ぐ生活

糖化を防ぐには糖質の過剰摂取を控える事、空腹時に大量に摂取して血糖値を急激に上げるのを避ける事、この2点が大切になります。過剰な摂取は体内に蓄積される量を増やすため、AGEの生成が促進されてしまいます。また血糖値が急激に上昇すると糖質を体内に蓄積しようとする働きが高まってしまいます。
これらを防ぐには糖質を多く含む主食やお菓子、ジュース等の量を抑えて食物繊維の多いきのこ類や野菜を多く摂るのが効果的です。またコゲの部分を食べる事も控えるようにしましょう。アルコールも糖質を多く含むので注意が必要です。

糖化対策に効果的なものとは!?

糖化対策にはもう一つ良い方法があります。摂取する油の種類を変えると言うものです。一般的によく使われるサラダ油はオメガ6系と呼ばれる種類のものですが、これをオメガ3系の油に切り替えるのです。エゴマや亜麻仁油が該当します。これらには糖化を防ぐ働きがあるのです。糖質を控えるのと併せて行えばかなり有効的です。

「あと一口」を我慢しよう!

好きな食べ物や美味しい物を前にすると「あと一口」がどうしても欲しくなります。食後にデザートも欲しくなります。しかしその「あと一口」が老化を進めているかもしれません。せめて「あと一口」は我慢出来るようになりましょう!