キレイで健康な妊婦を目指して♡初期に摂りたい葉酸とは?

妊娠を意識している人には馴染みのある「葉酸」。
そうではない人は、あまり聞いたことがないのでは?

妊婦さんに必要な栄養素はカルシウム、ビタミン、鉄分などたくさんありますが、
特に妊娠前や妊娠初期に意識して摂りたい成分が「葉酸」なのです。

今はサプリメントなどもたくさん出ていますが、
サプリメントで摂る場合は自然なものかどうか見極めるのが大切。
私は食べ物から摂取することをオススメいたします。

そもそも「葉酸」とは?

葉酸とは、ビタミンの仲間で、タンパク質を合成したり、赤血球を作るのに必要な栄養素。
また、細胞やDNAを作る際にも必要とされています。
そのため、赤ちゃんが作られて細胞分裂を繰り返す妊娠初期には積極的に摂りたい栄養素。
赤ちゃんの成長に必要な栄養素なのですね。

195-1

どのくらいの量が必要なの?

厚生労働省によると、1日あたりに必要な葉酸の摂取量は

成人:240μg
妊娠を計画している女性:400μg
妊娠中:480μg
授乳中:340μg

妊娠中は通常の約2倍の量が必要とされているのです。

では、葉酸が多く含まれる食材とはなんでしょうか?

葉酸が多く含まれる野菜

野菜では、緑黄色野菜に多く含まれています。
具体的には、

(100gあたり)
アスパラ:180μg
ブロッコリー:120μg
パセリ:220μg
ほうれん草:210μg

に多く含まれています。
体重に気をつけなければいけない妊婦さんですが、
食物繊維も栄養も豊富な緑黄色野菜は積極的に摂りたいですね。

葉酸が多く含まれる食べ物

野菜だけでなく、他にも葉酸が含まれる食べ物が。

いちご:90μg
ライチ:100μg
うなぎ:380μg
枝豆:260μg
きな粉:250μg
鶏レバー:1300μg
納豆:120μg
焼き海苔:1900μg

納豆や焼き海苔などは、積極的に付け足して摂りたいですね。
レバーや鰻にはたくさんの葉酸が含まれますが、動物性のビタミンAは体に蓄積されるので妊娠初期は摂りすぎると赤ちゃんの成長に影響を及ぼすことがあるので摂りすぎには注意しましょう。

妊娠を意識されている方や妊娠初期の妊婦さんは、
ぜひ普段の献立にプレスして、意識して摂取してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。