素敵な指先を作るネイルのポイントとは

みなさまこんにちは。指先を美しく飾るネイル。女性なら誰もが一度はしたことがあると思います。最近はジェルネイルもあり、簡単には剥がれないネイルができるようになりました。ご自分でネイルをデザインして楽しむ方もいらっしゃるかとは思いますが、今回は美しいネイルをするためのポイントについて少しだけご紹介したいと思います。

ネイルの目的

ネイルの目的をご存知でしょうか?ネイルをするのは「指先を美しく飾ること」ではなく、本当は「手の甲を美しく見せるため」にするものだそうです。

美しいネイルを作るためのポイント

ネイルをする上で、色やデザインなどいろんなことを考えながら行うことが必要ですね。デザインや配色技法について少しだけご紹介します。

①グラデーション
定番のグラデーション。色を規則的に、段階的に変化させた配色になります。使うマニキュアは1色だけなので、誰でも簡単にやることができます。

②モノトーン
ブラック、ホワイト、グレーのみの配色です。シックな指先を作る時にいいですね。ただ、ホワイトを使うときは爪全体に塗ってしまうと、よほど手に自信のある方じゃない限り、目の錯覚で手の甲がくすんで見えてしまいます。ホワイトを使う際には、爪の先端だけに使うようにするなどの工夫をしましょう。

③カマイユ
何色かの色を使いますが、使う色が同じような色の組み合わせでできたデザインです。何色か使っているのに、単色に見えてしまうぼんやりとした配色です。

④トリコロール
フランスやドイツの国旗のように、色やトーンにコントラスト感がある3色の配色のデザインです。赤と青と白を使って出来るマリン柄は、トリコロールデザインといえます。

いかがでしたか?ネイルもデザインや配色技法によって、指先を美しくしたり楽しくしたり、自分を表現できます。様々なシーンに合わせて、いろんなデザインや配色で美しさを表現できたらいいですね!ぜひ参考にしてみてください!