「気づいたら痩せている状態」を作る、ダイエットのポイント!

「ダイエットするぞ!」と意気込み、頑張って体重は落としたけれど、ちょっとの油断で元に戻ってしまった。目標を達成したけど、ダイエット前の生活に戻ってしまい、結局リバウンドした。あなたにもそんな経験はありませんか?そもそもなぜ「成功」しないのでしょうか?そこにはきちんと理由があります。今回の記事では、「気づいたらいつの間にか痩せている状態」を作り出すポイントをご紹介したいと思います。

なぜダイエットに失敗するのでしょう?

あなたがダイエットに失敗した理由は何でしょうか?「つらかった」「キツかった」「我慢できなかった」などと、理由は様々だと思いますが、これらの理由はどれも「続かない」ということに繋がります。つまり、「続けられない選択」をしているから、ダイエットに失敗するのです。

ダイエットのゴール!?

それでは、ダイエットのゴールとは何でしょう?体重を目標まで落とすことでしょうか?1サイズ小さい服を着ることでしょうか?いろいろありますよね。でもダイエットのゴールは、はっきり言って「ありません。」あえて言うなら「痩せた状態を維持すること」。「痩せたから」と生活を元に戻してしまうと、当然ながらリバウンドしてしまいます。それともう一つ。ダイエットは「イベント」ではありません。「夏になるから」とか「同窓会があるから」などの理由で始めてしまっては、それが終わってしまうと目的がなくなり、なんのためにダイエットしているのかがわからなくなってしまいますね。

「続かないことはしない」ダイエット!

先ほども申し上げた通り、ダイエットに失敗する理由は、「続かないから」です。逆に言ってしまうと、「続けられる」選択をすると、ツライと思うことがないため、成功しやすいということになります。今自分が取り組んでいる方法が「続けられる選択」であるなら、ぜひ続けてみて下さい!ダイエット方法は「生活に直結して続けやすい方法」を選択していきましょう。それのポイントをご紹介します!

⑴ダイエットのために我慢しない
我慢をすると心に負担がかかります。心の余裕もダイエット成功には大切なポイント。心に負担がかかっている方法であれば、考え直す必要があります。

⑵自分の生活習慣を知る
太ってしまったのは、自分の生活習慣に原因があることがほとんどです。よく「肥満は遺伝する」と聞きますが、ある本によると、遺伝による影響は30%で、70%が生活習慣によるものと言われています。自分の生活習慣を見直して、「太る習慣」がある場合、それを改善することだけで、簡単に痩せてしまうかもしれません。

⑶痩せる選択をする
日常生活の中での「選択」が「気づいたら痩せた状態」を作ります。車より徒歩を選ぶ、エスカレーターより階段を選ぶ、パンよりご飯を選ぶ、シャワーより湯船に浸かるを選ぶなどなど、日常生活の中でどれだけ「痩せ選択」ができるかがポイントになります。この選択が多いほど、「気づいたら痩せた状態」を作り出すことでしょう!