聞いたことありますか?ダイエット用語「PFCバランス」

みなさまこんにちは。ダイエットをしている時、1番に考えることは「食事」のことではないでしょうか?食事はただ減らせばいいということではなく、バランスの良い食事を摂りながら、理想の体型に近づくことが理想ですよね。今回は、ダイエット中の食事について知っておきたいバランスについて、少しだけご紹介したいと思います。

PFCバランスとは?

ダイエット中だけではなく、健康であるためにはバランスの良い食事を摂ることが大切になってきます。栄養には炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルの五大栄養素があります。PFCバランスはこの栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素に関わるものです。

PFCバランスとは、「P」タンパク質、「F」脂質、「C」炭水化物のバランスのことで、食事による三大栄養素の摂取カロリー量が、それぞれ合計摂取カロリー量の何%にあたるかを示したものになります。
理想的なPFCバランスとしては、タンパク質が15%、脂質が25%、炭水化物が60%を目指しております。しかし、炭水化物が多めの日本人の食事では、炭水化物の割合が70%を超えていることが多いということがわかっています。食の欧米化に伴い、脂の多い食事が増えている一方、肥満の原因には「脂の摂りすぎ!」と言われがちですが、実は炭水化物の過剰摂取も肥満の原因になります。

PFCバランスを考慮した食事のポイント

PFCバランスについては、少しだけご理解いただけたでしょうか?それではPFCバランスを意識した食事のポイントについて少しだけお伝えいたします。
ポイントは3つあります。
①炭水化物は適度に減らす
②積極的に脂質を減らす
③意識的に良質なタンパク質が多い食事を摂る
これらを心がけてみましょう。揚げ物やスナック菓子などを食べる習慣のある方は、それを減らすことでグッと脂質・炭水化物を減らすことができます。炭水化物は適度に食べなければいけないものなので、お菓子などで摂るのは避け、できればお米を食べて栄養を摂りましょう。肉や魚、卵などのタンパク質は筋肉を作るために大切な栄養素になります。タンパク質は減りがちな栄養素なので、意識的に食材から摂るように心がけてみて下さい!