プチプラブランドで上手にお買物をするコツとは?

最近は、ユニクロやザラなどのプチプラコーデが大流行!!
おしゃれな人は、高価な買物をするよりも、手頃な価格でたくさんの洋服や靴、バッグを、シュチュエーションにあわせてチェンジすることが、上手で驚かされます。

その反面、安物買いの銭失いにならないようにするためには、やはり、知恵とくふうが必要なのだと実感させられますよね。

さて、安くて良いものを入手するためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

消耗品だからこそ、良いものが欲しい?

まずは、素材をチェックして!

天然と合成ならば、必ずしも合成が悪いとは限りません。ストレッチ素材や、ノンアイロンでOKなど、化繊ならではの良さはあります。

ただし、ポリエステルやレーヨンが多くふくまれていると、長持ちはしません。
白いシャツなら、徐々に黄ばんできますし、洗濯するごとに縮んだり、風合いに変化がおこりやすいというデメリットがあります。
数回しか着用しないなど、割り切って購入するときには良いのですが、長く愛用するファッションは、避けるほうが無難ですね。

だから、長く着るものではなく、流行のファッションにとどめておくなど、頭の使い方が素材の選び方には現れてくるといえるでしょう。

透けにくい素材をチョイス

ショップの照明ではわかりにくいのですが、プチプラコーデの難点は、ズバリ透けることです。
素材がしっかりとしていないため、肌着のラインが透けやすく、それも、自分では気がつきにくいので、とくに注意が必要なのです。

ですから、プチプラのショップでお買物をするときには、何度もなんども確認しながら、慎重に考えることをおすすめします。

また、プチプラブランドのなかでも、ユニクロや無印は、しっかりとした素材の商品が多く、ほかのブランドにくらべて、あまり透ける心配をしなくてもだいじょうぶです。

縫製の問題もありますが、まずは、値段の出やすい素材に注目してチョイスすることによって、プチプラブランドをおしゃれに着ることができます。