残暑対策に、ハッカオイルがおすすめ!

暦の上では秋!
といっても、まだまだ残暑がきびしい毎日が続いていますよね。
それでも、おしゃれガールは、そろそろオータム・ファッションにチャレンジしているので、汗や暑さ対策は、夏以上に重要という日も・・・。

そこで、おすすめしたいのは、ハッカ・オイルです。
ハッカ・オイルは、ミントオイルとも呼ばれ、とくに春夏に重宝するものですが、実は少し涼しくなってくるはずの今頃、もっとも活躍するアイテムなのです。

脅威のハッカ・パワーとは? 

ハッカ・オイルの使用方法

ハッカ・オイルは、50ミリリットルで500円~2000円ほど。
おもに健康雑貨の店舗や、薬局に扱いがあります。

清涼感がある香りが特徴で、皮膚のほてりをおさえたり、殺菌・抗菌効果が期待できます。

具体的な使用方法としては、入浴時に湯舟にお湯をはり、1~3敵ほどのハッカ・オイルを入れます。
ほてりをすばやく鎮め、「入浴後の暑くてこまる」という、あの感覚から解放されます。

厚着をしたり、厚手の生地の洋服が増えて、身体に熱がこもりがちなときには、ぜひ、ミント風呂をお試しくださいね!

しかし、逆の言い方をすると、たくさんの量を入れすぎると、寒くて困るほど、効き目があるのでご注意を。

他にもいっぱいある、ハッカ・オイルの効果

MKJ_komorebitohizasi_TP_V[1]
暑さ対策だけではなく、もちろん他にもハッカ・オイルの効果は、たくさんあります。

生ゴミのにおい対策に、1滴ふりかけておくとだいぶちがいます。
また、ハンカチに、ハッカのにおいを沁みこませておけば、科や虫が近寄ってきません。
そして、蚊に刺されてしまっても、水で薄めたハッカ・オイルを肌に塗ると、素早くかゆみがおさまり、赤みや痕が残りにくいという効果も期待できます。

ブーツを履いたり、ファーをあしらった装いが増えてくる秋。
いちはやくオータム・ファッションをとりいれたいおしゃれ女子の皆さん、涼しげな顔をキープするためにも、ぜひ、今秋は1本のハッカ・オイルとともに乗り越えましょうよ!