真珠を見方につけると、美肌に見える理由とは?

ファッションに合わせる小物をえらぶとき、どんな基準で決めていますか?

トレンドや、服のテイストとマッチするかどうか。恋人や、お友達などお会いする人の雰囲気や、シュチュエーションによってなど、さまざまな理由がありますよね。

しかし、チョイスするアクセサリーによっては、肌をきれいに見せることができるのです。

真珠の輝きで顔があかるくなる

ジュエリーはレフ版と同じ!

それでは、実際にどんなアクセサリーをセレクトすればよいのでしょうか?

日本人女性の肌を美しく見せるのに最適なのは、真珠です。
パールのまろやかな光が顔に反射すると、肌があかるく、ひとみがうつくしく見えるのです。

その理由は、モデルさんや、女優さんを照らすレフ版と同じ原理だといえるでしょう。

写真を撮るときに、白いハンカチをひざに置くと、顔色がよくなる。スキー場でうつした写真は、きれいにとれる。

こんな、話をきいたことはありませんか?

白は、清らかですが強い色彩です。
その白さを味方につけると、光の反射の関係で、長所が強調され、逆に、隠したい肌のアラ、つまり、シミやソバカス、ニキビ、くすみなどをカムフラージュすることができるのです。

顔の近くにアクセントを

しかし、いくらパールが女性の強い味方だといっても、ブレスレットや、指輪などの、顔からはなれたところに、真珠をつけていても、そのパワーを存分にいかすことができないのです。

おすすめは、顔に近い場所にあしらう、ピアス(イヤリング)や、ネックレス、ブローチです。

そして、高価な本真珠に、こだわらなくてもだいじょうぶ。

お手頃な価格で入手できる、コットンパールや、プラスチックやガラスでも、白い光沢のタイプなら、どれでも顔うつりがよくなります。
だから、素材に関係なく、デザインが気に入ったものをつかいましょう。
dc7af2ec06c8c1bbe9ffe899b59c0897_s
肌質は、体質や、スキンケアや、食生活も大切です。
といっても、すぐに効果があらわれるとは限りません。
でも、パールのアクセサリーを選ぶことが、美肌に見せられるコツなら、お手軽ですよね?