残念!男の浮気は諦めるしかない!脳科学でわかるその理由は!?

彼氏や結婚して旦那さんがいる女性ならば一度は疑った事のあるパートナーの浮気。中には何度も繰り返している「浮気癖」のある人もいるのではないでしょうか。このように繰り返される男の浮気、実は脳科学ではその原因が明確になっています。男性が浮気をする原因とその対処方法について考えてみました。

諦めるしかない!?男が浮気するのは遺伝子に原因が

男性が浮気をする原因はテストステロンという遺伝子が関わっている事が分かっています。これは男性ホルモンとも呼ばれるものです。つまり、男性には遺伝子レベルで浮気をする性質があるというわけです。

しかしテストステロン遺伝子を持つ男性全てが浮気をするというわけではありません。テストステロンの値が高ければ高いほど浮気をしたいという衝動に強く駆られるというだけなので、当然ながら理性で抑えようとする人もいるでしょう。しかしテストステロンの衝動が強い人の場合は浮気しても仕方ない、これが脳科学の視点から見た結論だと言えます。

浮気する男性を判断する方法

実はテストステロンの値が高い人にはある特徴があります。筋肉が発達している痩せ形で男らしい外見、仕事ができて出世する、あるいは優れた業績を残すというタイプが多いと言うのです。一言で言うと「モテる男」です。モテる人は浮気をする傾向にあるという通説は正しかったと言えます。モテる人をパートナーに選ぶ時点で浮気されることは覚悟しておいた方が良さそうです。

諦めたくないならば努力で応戦

しかし浮気を許すわけにはいきませんし、諦めたくもないはずです。嬉しいことにテストステロンに対抗する方法がありますので是非取り入れてみてください。ポイントはドーパミンです。

浮気をしてしまう人は脳内麻薬とも呼ばれるドーパミンを多く求める傾向にあるそうです。浮気しなくてもいいように、あなたがドーパミンの素を与えてあげれば良いのです。具体的に何をすれば良いかというと刺激を与えるという事です。時には刺激的な下着を身に着けてみたり、わざと別の男性を褒めてみたり・・・。あまりに頻繁に行うとそれが日常になってしまいますから、タイミングや回数にも工夫が必要です。

どんなパートナーを選ぶのか

浮気をしやすそうな男性を選んで努力を積み重ねてゆくのか、それとも少しでも浮気の可能性が少ない男性を選ぶのかはあなたの自由です。あなたはどんな視点でパートナーを選びますか!?脳科学は新しいパートナー選びの指標になってゆくのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です