教えて!美容に良いと言う玄米・雑穀米・古代米…何が違うの!?

ローラなどのモデルや女優、美容ブロガー等がこぞって取り入れている玄米・雑穀米・古代米・・・。どれも体に良さそうだけれど違いはわかりますか!?「一体何を買えばいいの!?」というあなたのために今人気の健康米について違いをくらべてみました。普段の食生活バランスに合わせて取り入れてみてくださいね。

それぞれの特徴と栄養素の違い

「玄米」

 白米に精白する前の状態のお米で、もみ殻だけが取り除かれた米。ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富。

「発芽玄米」

 玄米が1mmほど発芽(成長)したもの。発芽するためにパワーが必要なので玄米の栄養素が更にアップしている。玄米よりも白米に近い柔らかさがある。

「酵素玄米」

 玄米に小豆と塩を入れて炊き、その後3日~5日程度寝かした米で「寝かせ玄米」とも言う。発酵によってギャバが増加、小豆のポリフェノールも加わって玄米よりもアンチエイジングやデットクス効果が高まる。また酵素の働きにより消化吸収率もアップ。

「雑穀米」

 白米に玄米・ひえ・粟・ハトムギ・きび・大麦・黒米・赤米・キヌアといった穀類(雑穀)を混ぜた米。白米より栄養価が高く食物繊維等も増える。

「古代米」

 稲の原種の特徴を受け継いでいる米のこと。赤米・黒米・緑米・紫米などありそれぞれ特徴はあるが、全体的に白米よりも栄養価が高く白米に含まれない栄養素も豊富である。

食べる時に注意するポイント

「玄米」

消化は良くないのでしっかり噛まないと栄養素を十分に吸収することは出来ないし、胃腸に負担がかかることも。

「発芽玄米」

 白米や玄米より値段が高い。もみ殻が残っているので消化が良いとは言えない。

「酵素玄米」

専用のジャーが必要となる。温めるだけの物も市販されている。

「雑穀米」

穀類の組み合わせによって栄養バランスや食感が変わるが、消化が良いとは言えない。しっかり噛むことも大切。

 「古代米」古代米だけを食するには味に難があるので白米に混ぜるのが一般的。ただし白米よりも水分を多く含ませておくなどのひと手間が必要。

それぞれ栄養価が高くデットクス効果を高める力を持っていますが、胃腸の状態によって合う・合わないがあると言えます。合わなければ逆に便秘になることもあるのでまずは数日間試してみてから本格的に取り入れるとよいかもしれません。

美と健康は毎日の食事から

作り物でない本当の美しさを持っている人は食生活に一番気を遣っています。
日本ではローラが代表的ですね。
どんなに忙しくてもバランスを考えて自炊。
料理が苦手なあなたもお米から始めてみませんか!?

1 個のコメント

  • 米農家からいわせてもらうと、玄米をおすすめしますね。栽培履歴が明白です。安心して食べられます。
    古代米!近所でもつくっていますが、本当に無農薬なのでしょうか?その真偽を疑っているのではありません。無農薬であれば、虫に食われ放題だということですよ!
    白米は虫害の米ははじかれます。古代米は色が濃いのでわかりません。
    個人的意見ですが、いくら栄養価が高いかもしれないからといってあの虫をみていると?ですね!(普通の米農家は虫の防除に黒しています。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です