身体は太くても首だけ細い人の共通点

体は細いのに、首だけなぜか太い。という悩みを抱えている人はいませんか?
首の細さは、骨格や脂肪の多さとは、ほとんど関係ありません。

でも、ちまたを歩く女性たちを見ていると、首の細い人、太い人、けっこうはっきりわかれていますよね。
首が細いからといって、体が細いとは限りません。
逆に、首が太くても、身体の線はガリガリという場合も見受けられますし。

ふしぎなものですよね。
この差は、いったいどうしてなのでしょうか?

首の太さは生活習慣で決まる? 

首が太くなる理由

首の細さは、日々の生活習慣や、身体の使い方によって決まります。
さっそくですが、首が太くなる生活習慣をあげておきましょう。

・猫背や前かがみの姿勢
・歯を食いしばる
・重たいものを持つことが多い

おもに、この3つの理由があげられます。

まず、猫背や前かがみの姿勢をとる場合が多いと、何がいけないのでしょうか?
猫背になると、肩が内側に巻き込み、首を突き出すような姿勢になります。
すると、首や肩の付け根に、余分な筋肉がついてしまうため、首が太くなるのです。

つぎに歯を食いしばるのは、歯を食いしばることによって、やはり、首の付け根に余計な力がかかり、結果的にいらない筋肉が増えてしまうため、首太さんになってしまいます。

最後に、重たいものを持つことが多いというのは、重いものを持つと肩にかかる力が増えるためと、歯をくいしばることが増えるからです。

肩と首にかかる負担を減らすには?

上記にあげた3つの理由のなかで、共通しているのは、首の付け根や、肩に余分な力が入ると、炒らない筋肉が増えるとおいうことです。

これらは、日々の生活習慣のなかでの積み重ねであり、エクササイズなどで解消しようとおもっても、むずかしいものです。
できるだけ、重たいものを持たず、首と肩の付け根に余計な付加がかからないようにするため、鏡を見たり、肩の力を抜く練習をしたりすることが大切。

生活習慣そのものは変えることができなくても、意識だけなら、今日からでも変化させることは可能なのですから!!