脂性肌ほど使いたい?オイル美容で冬もつやつや美肌へ

アルガンオイルやホホバオイル、椿油など、美容目的のオイルが今では数多く販売されています。お肌の乾燥に悩む人なら、一度は使ったことがあるはず。ただ、脂性肌でお肌のべたつき、にきびに悩む人ほど「自分には必要ない」と避けていませんか?実はオイル美容って、脂性肌の人こそ向いていることだってあるんです。

オイル美容とは

洗顔後すぐのお肌にオイルを伸ばすことで、その後の化粧水の入りがぐんぐんよくなると話題になりました。このほかにも、別のスキンケアアイテムやクリームファンデーションに混ぜて使ったり、ボディケアに使ったり、もちろんヘアケアに使うこともできます。

脂性肌とオイル美容

本来、スキンケアとは、もともとのお肌の力で足りたい部分を補うために行うもの。水分量が足りたい人は化粧水やシートマスクで潤いを補充し、油分が足りない人はクリームでたっぷりと保湿することで、美肌へ近づきますよね。
そう考えると、自力で油分を出せる脂性肌さんに、オイル美容は疎遠に思えます。
しかし、脂性肌さんの多くは、お肌の潤いが足りないために過剰な油分が出てしまっていることが。つまりは、外から潤いを与えてあげれば、適度な油分を保つことができるということなのです。過剰な皮脂分泌により毛穴が詰まり、慢性的なにきびに悩んでいませんか?オイル美容をすることで、お肌が無理に油分を出すことをやめ、健康的なお肌をキープできるのです。

オイル美容の注意点

特に脂性肌さんへの注意点としては、つけすぎないこと。たっぷり重ねてしまうと、お肌が過剰に皮脂分泌したときと同じ状態になるため、にきびの原因になりえます。あくまで薄くを意識し、化粧水でしっかりと水分を与えることも忘れずに。

おわりに

「自分には必要ない」と挑戦しないのではなく、いろんな美容法を試してみるのも楽しいと思いませんか?この冬はぜひオイル美容にチャレンジしてみてくださいね。