シュガースクラブだけじゃない!簡単に作れる自家製化粧品

自家製化粧品を作った事はありますか!?材料を用意するのが面倒だし、分量を計測するのが大変そうなんて思っていませんか!?実は家庭にある材料でしかも簡単にパパッと作る事が出来ます。簡単なのに効果抜群の自家製化粧品をご紹介したいと思います。

まずはチャレンジ!シュガースクラブ

この季節、真っ先にチャレンジしたいのはシュガースクラブです。肌の露出が多くなる季節、くすみや乾燥した肌ではファッションを楽しむ事が出来ないからです。シュガースクラブはソルトスクラブよりも刺激が弱く、ピーリング効果と同時に保湿効果も得ることが出来ます。全身に使用する事も出来ます。
使用のポイントは優しくマッサージするようにする事です。肌に残らないように丁寧に洗い流すようにしてください。

シュガースクラブの作り方

グラニュー糖とココナッツオイルまたはオリーブオイルを同量ずつ混ぜ合わせる、これで完成です。そうです、とても簡単なのです。ココナッツオイル等の変わりにベビーオイル、グラニュー糖の変わりに三温糖を使用するのもお勧めです。
またエッセンシャルオイルやシナモン、オレンジの皮などを入れると香りを付けることが出来ます。液体ソープをベースにすればボディソープとして使う事も可能になります。

万能!?ヨーグルトで作るパック

ヨーグルトをベースとしたパックもお勧めです。はちみつや抹茶を加えるだけで簡単なフェイスパックが完成します。はちみつは保湿、抹茶は肌荒れに効果的です。ヨーグルト自体にも保湿効果や抗炎症効果があるため日焼け後のケアにもお勧めです。
ヨーグルトパックを作る時は無糖タイプを使うようにしましょう。

グレープシードオイルのしっとりクリーム

食用として人気上昇中のグレープシードオイルはクリームにすることが出来ます。こちらは蜜蝋を混ぜるだけです。湯煎で溶かして混ぜ合わせ、そこにエッセンシャルオイルを加えれば好みのクリームの完成です。分量を調整する事でボディバターのように固めにする事も出来るため用途に応じて作る事が出来ます。

自家製化粧品で気を付ける事

ここで紹介した自家製化粧品には保存料が一切使われていません。そのため長期保存する事は出来ません。大量に作り過ぎないようにし、保存の場所も湿気の少ない所や冷蔵庫の中など材料に合わせて選ぶようにしてください。また肌に合わない時はすぐに利用を控えるようにしましょう。

リーズナブルに新鮮な化粧品を

自家製化粧品はとってもリーズナブルです。しかも簡単!短期間で使い切るのでいつでも新鮮な化粧品に触れることが出来ます。一度作るとクセになりますよ!