意外と知らない‼︎市販のノンシリコンシャンプーの欠点‼︎

最近では成分表記がされるようになり、無農薬や防腐剤不使用など、害のあるものは使ってませんよ。と提示しているものが私たちの生活に増えたように思います。
ノンシリコンシャンプーやシリコンフリーと表記されるシャンプーも同様で、“このシャンプーはシリコンは使ってない良いシャンプーなんだよ!”とか、“自分に合うシャンプーが何かわからないけど、巷でよく聞くからノンシリコンっていいんでしょ?”と認識している人も多いのではないでしょうか?
なんとなく悪者扱いされている“シリコン”について、正しい知識を持とう!

シリコンってなに?

キューティクルと呼ばれる髪の表面にくっつき、カバーをしてくれるもので、基本的には修復成分がなく、化学反応によって作られる人工化合物。
化粧品などにも多く使われている。

肌に直接使用する化粧品にも使われていることからも、人体に悪影響があるものではありません。

シャンプーの種類を知ろう!

今回は市販されているシャンプーのうち、代表的な3つを紹介します。
・高級アルコール系シャンプー
・石鹸系シャンプー
・アミノ酸系シャンプー

・高級アルコール系シャンプーが市販のシャンプーのほとんどで、大手メーカーのものはこのタイプが多いでしょう。

・石鹸系シャンプーはその名の通り石鹸をベースに作られており、しっかり洗いたい人や自然派思考の人向けなシャンプーです。

・そしてアミノ酸系シャンプーは、髪の主成分であるアミノ酸を多く配合しているため修復をメインとした、洗浄力の弱いシャンプーで、ノンシリコンシャンプーはこれに分類されることが多い。

これだけ見るとノンシリコンシャンプーの欠点が見当たらないのですが、それもそのはず。ノンシリコンシャンプー自体はとてもいいものです。
ポイントはシャンプーだけを見れば。というところにあります。

通常、シャンプーには対になってリンスやコンディショナー、トリートメントなどが同じシリーズから出ているものです。
つまりノンシリコンのシャンプーの相方はノンシリコンのトリートメントであることが多いです。

今の時代カラーやパーマ、ヘアアイロンの使用などでノンダメージ毛の人はほとんどいませんので、大抵のひとにオススメなのはコンディショナーやトリートメントに水溶性シリコンが入っているものなんですが、皆さんセットでノンシリコンシリーズを買ってしまうので、せっかくシャンプーで補給したアミノ酸を逃がしてしまうことになります。
なので、シャンプーはノンシリコンのものでいいと思いますが、コンディショナーやトリートメントは水溶性のシリコンが入っているものを使ってみましょう。
頭皮に付かないように毛先にだけつけて、残留しないようしっかり流しましょう。

以上、市販のシャンプーの特徴を捉え、美髪を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です