二重あごは魅力度を下げる!そうなりやすい人の④つの特徴

女性なら誰しも安室奈美恵さんの様な小顔に憧れますよね。フェイスラインは、お顔の比率やバランスに大きく左右します。皮膚のたるみや脂肪などが要因で出来てしまう二重あご。女性は特に気にされている方が多いと思います。マッサージで二重あごを撃退する事は出来ますが、そうならない為に未然に予防する事が大切です。

■二重あごは何故出来るの??

二重あごが起こる主な要因は、皮膚を支える筋肉が弱まってしまう事で起こる「たるみ」によるものです。
お顔には30種類以上の筋肉が張りつめており、表情を作っています。
表情筋が鍛えられなくなると、たるみとしてお顔に出て来てしまい、それ
が原因で二重あごを作ってしまうのです。

■二重あごはこんな事が要因で出来る!

①スマホを見る癖がついている

長時間スマートフォンをずっと眺めていたり、何かと携帯を見る癖がある方は要注意です。
携帯電話を見る姿勢は、視線が下に行く為にうつむき加減になっています。
長時間うつ向き姿勢でいると、首が固定されてしまう為にリンパが滞り、顎部分に重力が集中する為に、口周りの皮膚が垂れ下がって来てしまうのです。

②食事の際に噛まない

現代人は忙しく、ゆっくりと食事を摂る時間もあまりないのが現状。その為にあまり噛まないで、飲み込んでしまう習慣がつきやすいのです。
そうすると、顎の筋肉である「オトガイ筋」が使われなくなってしまう為に、顎周りがたるんで来てしまいます。
筋肉が動かなくなるとリンパが滞り、水分が溜まってしまう事から、二重あごの要因となります。

③コラーゲンの減少

皮膚にハリや弾力を持たせているのがコラーゲン。コラーゲンは20代を境に段々と減少していきます。
加齢によるコラーゲンの減少で皮膚の弾力が失われ、ハリが無くなっていきます。ハリが失われると、重力により、皮膚が下垂してしまうので、たるみや二重あごを作ってしまうのです。
コラーゲンは体外から補充する事が出来る為、サプリメントや食べ物によって補ってあげると◎。

④姿勢が悪い

姿勢が悪い人は、猫背になっていたり、同じ姿勢で長時間首が固定されてしまっている人が多いです。
その為、リンパの流れが滞り、老廃物が体外へ排出されなくなります。
その結果、不要な水分などが溜まり易くなり、二重あごの要因になってしまいます。
姿勢は意識して改善し、首を回すなどして、ずっと同じ態勢で居ない様に心がけましょう。

9b64f9ea16b48204e9337bd8bd87af46_s

■二重あご防止!ツボ押しマッサージ

・上廉泉(かみれんせん)
顎の真下あたりの、少し窪んでいるところにあります。
・頬車(きょうしゃ)
耳のすぐ下で、フェイスラインから1センチ程内側の、若干へこんだところにあります。
※両手を使って、親指を上廉泉に押し当てて、人差し指で頬車をぐっと押します。
リンパの流れが良くなる事で、小顔効果があります。

※まとめ※

マッサージで解消する事も大事ですが、まずは予防するところから意識して、二重あごにならない様、気をつけて生活してみてくださいね。