ナチュラルさと衛生面どちらをとる? デリケートゾーンのお手入れ

薄着の季節になると、全身のムダ毛処理が気になるポイントだとおもいます。
手足はもちろんですが、このごろの美意識が高い女子は、アンダーヘアまできれいにお手入れしている人が増えてきています。

ただ、アンダーヘアの処理といっても、いろいろあるようですし、なかなか女の子同士でも、ヘアのお手入れやかたちをどうするのか、また、異性には、どんなふうにするのがウケるのか、相談しにくいものではないでしょうか?

好みが千差万別!!

自然に見せるか、それとも?

エステティックサロンで、お手入れをしているという人も多いようですが、そのとき、「どのくらい残しますか? 」「どんなかたちにしますか? 」とこの2つの質問は、必ずされます。

人気が高いのは、お手入れをしていることはわかりつつ、ナチュラルに見えるかたち。または、ショーツからはみださない程度に整えることだそう。

やはり、ツルツルにしてしまうのは抵抗があったり、「遊んでいるふうに見られそう」と敬遠する女子が多いのだとか。

また、かたちや、ヘアの多さは、男性の好みもさまざまで一概にはいえません。
(なかには、ボーボーが好き。濃いければ濃いほどいい! という男性もいますしね)。

衛生面から言うと

ただし、衛生面から言わせてもらうとしたら、ツルツル、もしくは、かなり薄目がベスト。
長くて濃い毛が密集していると、においの原因にもなりやすいですし、蒸れてきますから。

しかし、繰り返しますが、あまりにも「きちんとしている」ところまでお手入れをすると、クロウトチックにおもわれて嫌! というのであれば、おすすめは、かたちはそのままに近い状態をキープしながら、長さは、2ミリ以下の短さにそろえる方法です。
これならば、通気性はよくなり、清潔さをキープできますし、また、いかにもお手入れしています感がなく、やや自然に近い状態を維持しているように見えます。

この部分は、肌もとてもデリケートですし、また、日本では、相談しづらい問題でもありますよね。