崩れやすい夏メイク 少しでも綺麗に長持ちさせる秘訣とは!?

夏本番も間近ですが、そろそろ気になってくるのが夏メイクの崩れやすさです。汗と皮脂が交じり合ってドロドロでは大事なデートに出かける事も出来ません。夏用化粧品を使うのは基本ですが、そこにもう一工夫してみましょう。更に持ちが良く、仕上がりも綺麗になります。

下準備で毛穴をキュッと引き締める

長持ちメイクはファンデーションを塗る前から始まります。ここで毛穴を引き締められるかどうかで持ちがかなり変わってきます。出来れば冷蔵庫で冷やした化粧水を用意し、たっぷりと保湿をしてあげましょう。この時に手で付けると冷やした化粧水が体温で温められてしまいます。コットンを使用する方が効果的です。

ファンデーションは伸ばすのではなく乗せるように

ファンデーションの付け方にもポイントがあります。肌の上に伸ばすのではなく、乗せるように付けてゆきます。しかし厚塗りは厳禁です。一度に多くの量を使うと厚塗りになりやすくなるので、少々時間をかけても少しずつ乗せてゆきましょう。

仕上げのパウダーは必須

夏メイクにおいてパウダーの使用は必須です、浮き上がった皮脂を吸い取ってくれる効果があるからです。なので、いつもよりも丁寧に乗せるようにしましょう。特に小鼻の脇などの細かい所はしっかりと押さえて下さい。しかしファンデーション同様に厚塗りはダメです。パフにパウダーを軽く付けたらパフ全体に馴染ませ、その後に余分なパウダーを手の甲で落とします。それから顔に塗布するようにしてください。

夜のお手入れも重要

必要以上に皮脂を出させないためには、肌表面の角質を整える事が必要になります。角質の状態は一日で良くなるものではありませんが、十分な保湿を行うと近い状態にする事が出来ます。それには前日の夜のお手入れが重要です。寝る前に十分な保湿が行われなければ翌朝の化粧水が乾燥を補うだけに留まってしまうからです。化粧水をたっぷり、出来ればパックを併用するなどして、しっとりモチモチにしておきましょう。

コマメな化粧直しでいつでも涼顔

暑い時でも涼しげな顔をしていられたら、それはちょっとオトナな女性だと思いませんか!?暑苦しい顔をしているよりもモテる事間違いありません。コマメな化粧直しで応急処置も忘れないようにしましょう。またどうしても皮脂崩れが酷い時には冷やしたタオルを首元に当てると効果的です。化粧直しの時などに試してみて下さい。