夏だからこそチャレンジ!! 遊び心のあるネイルカラーを

遊び心があるメイクにチャレンジ!
とおもっても、なかなか、むずかしいものではないでしょうか?

そんなときには、マニキュアやネイルで、冒険してみませんか?
とくに、春夏は、気分が開放的になり、ちょっぴり、アバンギャルドなカラーを使っても違和感がなく受け入れられます。

この夏。
おもいきって、ブルー系のマニキュアに挑戦してみてはいかがでしょうか!!
bf273d78b116644a6d116ae0526020a7_s

手足もマリン系

奇抜になりすぎないかしら?

水着を着るのであれば、ペデキュアは欠かせません。
また、つま先が出るタイプの靴や、サンダルを履くときにも、足元の寝入るカラーは必須ですよね。

ペディキュアは、一般的には、赤系が多いですが、陽射しが強くなってくると、シルバーや、ゴールド、またクールなグリーンやブルー、そしてパープルもキレイです。

ただ、こっくりとした濃い目の色みではなく、淡いパステル系を選ぶか、グラデーションをつけると失敗しにくいのでオススメ!

ふだんは、奇抜そうであまり馴染みがないカラーでも、太陽が照りつける街では、違和感なく溶け込みます。

あわせて、マニキュアも

顔から遠い足の爪は、少々インパクトがあるカラーでも問題ないけれど、手は難しい。

そんな意見もありました。
なるほど。

けれども、やさしい色味のグリーンや、ブルーなら、ペディキュアだけでなく、マニキュアでもだいじようぶ!

粒子のこまかいパール入りのエナメルをチョイスしたり、爪の部分、つまり上から半分だけ、ラメをきかすと、色よりも、ツヤに目がいくので、奇抜になりすぎません。

そして、上級者になると、微妙な質感や色み(濃淡)の違いをつけて、指の!本ずつを塗り分けている人も。

遠目でながめると1色塗りにしか見えませんが、近づいてよくよく観察すると、まあ不思議!!

左手の小指が、シャーベットグリーンからはじまり、右手の小指は、ライトブルーでした。

さらに、左手の中指と、右手の薬指に、こまかいラインストーンガ1粒ずつついているという心憎い演出も!

・・・これにはもう、脱帽でした。