体の不調をお手軽セルフケア!自宅お灸ライフで美容・健康ゆるメンテ

皆さんは自宅で気軽に出来るお灸があるのをご存知ですか?最近ではお灸教室などのレッスンも満席になるほどのの人気ぶりでリラックスアイテムの一つとしてお灸を楽しむ「お灸ガール」「お灸女子」も多く見られるようになりました。疲れが溜まっている時などに自宅でセルフケアをして血行促進や自然治癒力をアップさせることで健康だけではなく美容効果に直結していることにも関心が高まっているようです。お灸を据えるなんていう熱い、痛い、怖いなどのイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近のお灸事情は進化しています。

初めてのお灸

お灸はドラッグストアで気軽に購入できます。最近では火を使わないものやアロマお灸、温熱の弱いものもあるので使い易いものからトライしてみると良いでしょう。一番よく聞くのは「せんねん灸」と呼ばれるものです。火を使わないお灸のパイオニアでもあります。シールをはがしてはるだけで2時間ほどお灸効果が持続します。素肌にはって衣服を着たままできるお灸です。もちろん煙もニオイもないので人に知られることなくオフィスでもそのまま使えて便利です。

IMG_7503

お灸にはどんな効果があるの?

お灸は自分のちょっとした悩みや不調に対して、アプローチ出来る手軽な健康法のひとつです。肩こり・腰痛や目の疲れ、足のむくみ、冷えやむくみ、生理痛、便秘、美肌、リフトアップなどに効果的。

お灸は体や皮膚表面に不調が現れる血行不良のツボと呼ばれる部分に置きます。ツボにお灸を置くことで、ツボを温める効果と湿度を与える効果があり「温熱&湿熱」といった言って見ればサウナのような体の中からぽかぽかして血行が良くなり免疫機能を活発化させ、病気に対する抵抗力や免疫力を高めることができます。

また、シールタイプのお灸の皮膚表面温度の40度から45度程度という熱に対して細胞を保護するために作られる“ヒートショックプロテイン”というタンパク質の作用によって代謝機能もアップします。

お灸初心者におすすめのツボ

合谷 

別名「万能ツボ」「美肌のツボ」とも言われています。手の甲を上にして親指と人差指の手前のくぼみを押さえ、痛みや気持ちいい所がそうです。眼精疲労、花粉症、頭痛など顔や頭部の不調や、胃腸の調子を整えたり、首や肩の痛みの改善、そして精神的なストレスにも効果的な幅広い効果が期待できるツボです。

三陰交

別名「女性のツボ」内くるぶしの頂点から指幅4本分上がったところで、骨と筋肉の境目にあります。 三陰交は、婦人科系に効くツボで、生理痛対策にも最適。骨盤内(子宮)の血行を良くする女性にとって知っていて損はない女性に一番おすすめのツボです。また夏の疲れの現れ易い消化器、肝臓、腎臓など内臓の働きを助ける役割もあります。

マッサージなどに行く時間がなくても家で手軽に出来るセルフケア、「お灸」。是非忙しい生活に取り入れてお手軽セルフケアしてみてはいかがでしょうか。