お金持ちは、寝具にお金をかけるというけれど

さて、トツゼンの質問ですが、毎日の睡眠時間は、どれくらいですか?
理想的な8時間という数字をキープできている人ばかりではないとおもいます。
6時間や7時間。もしくは、残業が続くと5時間未満なんてかなしいこともあるかもしれませんね。

しかし、こうして考えるとわたしたちは、1日の大半をベッドですごしているわけなのです。
とすると、シーツやベットカバーにこだわるのは、ライフスタイルを整えるうえで大切なことだとおもいませんか?

シーツは、布地屋で購入?

リラックスできるものに対して、お金をはらう


本当のお金持ちは、なぜか、肌着と寝具にこだわるといわれています。とくに、シーツにはなかなかうるさいとのこと。
まあ、そういっても庶民は、消耗品には、そんなに高価なモノを購入できませんが。

けれども、肌着と寝具は、本来ならば誰かに見せるものではないですよね。恋人同士で楽しむ時間に必要な小道具ではありますが。
しかし、それでも大富豪たちは、寝具や肌着こそ良いものが欲しいとおもうのですから。

それは、いったいなぜかというと、彼らはリラックスできる時間をとても大切におもっているからなのではないでしょうか。
見せるためのものより、見せる前提ではないものにこそ、お金をかけられる生活は、本当の意味で豊かなのだとおもいます。

シーツは手軽に手芸洋品店で購入!

とはいえ、ベッドまわりにこだわるのは、かなりタイヘンですよね。現実的に。
そこでおすすめの方法として、シーツは、寝具売場で購入するのではなく、手芸洋品店で買うという方法があります。
もちろんこれは、手芸洋品店にシーツを売っているわけではありません。

買うのは、生地です。
たとえば、天然素材のリネンやコットンは、シーツとしてそろえるとかなり値が張りますよね。
でも、布地として買うと、そんなに高価なものではないのです。
3メートルほど生地を買って帰り、四隅だけをほつれないように縫い付けると、それだけで、シーツになりますから!!