夏本番!あなたは夏バテではありませんか?夏バテを防ぐ食材とレシピ!

7月ももうすぐで終わりますね。そして毎日高い気温と、照り立つ太陽の光で、夏バテが心配な時期となってきました。もしかしたらもうすでに夏バテになってる方もいらっしゃるかもしれません。夏バテになる前にしっかりと栄養を摂ることで、夏バテとは無縁になりたいですね。今回はそんな夏バテを防ぐ食材とレシピについて紹介します!

○夏バテを防止する食材!
⑴豚肉
夏バテは、主にビタミンB1不足によって引き起こされます。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれている食材!良質なタンパク質でもあります。

⑵梅干し・酢・レモン
すっぱいものに含まれる「クエン酸」は、体内で栄養素の代謝を促し、疲労物質である乳酸を分解するといった働きがあります。

⑶ウナギ
「夏バテにはウナギが良い」と聞いたことはありませんか?ウナギが夏バテに良いのは、良質なタンパク質の他に、ビタミンA、B1・B2が豊富に含まれていること、また胃腸の粘膜を保護して、消化吸収を助ける成分も多く含まれているためです。

⑷夏野菜
トマトやキュウリ、ナス、スイカなどの夏野菜は、カリウムが豊富で利尿作用によって体内の余分な水分を排出させてくれる働きがあります。

⑸オクラやメカブなどのネバネバ食材
ネバネバの正体である「ムチン」は、胃の粘膜を保護してくれる作用があります。疲れた胃には優しい食材です。

○夏バテを防止する料理!
さてさて、夏バテ防止に効果のある食材については前述した通りになります。夏バテはスタミナ不足によって引き起こされる状態。ポイントとしては、魚や肉などの良質なタンパク質と、ビタミンやミネラルが豊富な夏野菜を組み合わせて調理するとGOODです!ビタミンB1が豊富な豚肉と生姜を合わせた生姜焼き、ニラとレバーで作るレバニラ炒めなどはスタミナ料理になりますね。
またそうめんやお蕎麦などを食べるとき、細かく切ったオクラや山芋、キュウリ、納豆を載せると胃腸に優しい納豆そばになります。辛い食べ物も食欲を増進させてくれるので、カレーライスやキムチなどを利用しても良いでしょう。

いずれにしても夏バテは、糖質やタンパク質、ビタミン・ミネラルの不足が大きな原因。食欲がなくても、少しでも栄養バランスを意識した食事を心がけることが大切となります。これから夏本番!スタミナをつけて、夏バテとは無縁になりましょう!!