目元のクマ対策それって合ってる!?原因に合わせた正しい対処方法

寝不足で迎えた朝。目元にくっきり出来たクマを見ると出かけるのが嫌になりますよね。しかもコンシーラーやファンデーションで消そうとしても簡単には消えてくれません。でもちょっと待ってください。誤魔化すだけでいいのですか!?その対処方法は合っていますか!?クマの原因は一つではありません。原因に合った対処を選ばなければ逆効果になってしまいます。

クマの種類と原因

クマは大きく3種類に分ける事が出来ます。肌がくすんで薄茶色になっている茶グマ、青白く見える青グマ、シワのような線が黒く浮き出ている黒グマの3つです。

茶グマは主に色素沈着が原因で、メイクオフやクレンジングの際の強い摩擦、目をこする行為などの積み重ねによるものとなっています。

青グマは体の状態が影響しています。貧血、血行不良、冷え、疲れ、睡眠不足、ストレスによるホルモンバランスの乱れといったものが挙げられます。

黒グマは加齢によるたるみが主な原因となります。一度出来ると改善が難しいクマなので予防が大切になります。

目の周りのお手入れは慎重に

アイラインやアイシャドー、マスカラの使用などメイクで力の入る目元ですが、メイクオフの時にゴシゴシと擦っていませんか!?目元の皮膚はとても薄いので慎重にお手入れをしないと日々の僅かなダメージでも大きな影響を受けてしまいます。メイク道具の選び方からメイクオフの方法、洗顔方法まで気を遣うようにしましょう。

クマに応じた対処方法

茶グマは日頃のケアを優しく丁寧に行う事から始めましょう。その上で色素沈着を解消してゆきます。乾燥に気を付けて保湿をたっぷり行うようにし、保湿効果の高いアイクリームを併用します。保湿力が高まると肌が生まれ変わると同時に色素沈着が徐々に薄れてゆくようになります。

青グマは生活環境の改善を行う事が必要になります。不規則な生活ならば規則正しくかつ睡眠時間を十分に摂るようにし、シャワーの習慣がある人は湯船に浸かる生活に切り替えましょう。冷えや貧血などの症状がある場合にはまずそちらを治す事が先決です。体の調子を整える事で改善する事が期待出来ます。

黒グマは肌を若返らせる事がポイントになります。徐々に減ってゆく体内のコラーゲンを補い、コラーゲンの生成を促す女性ホルモンの分泌を高めてゆくのです。コラーゲン、大豆イソフラボン、ビタミンCをしっかり摂るようにしましょう。

またツボ押しや顔のマッサージは皮膚を活性化すると言う意味でそのクマにも効果的です。ただし目元は難しいのであまり触らないようにし、どうしても行いたい時はツボ押しに挑戦してみてください。

目元の印象改善で愛され顔に

目元の印象はその人のイメージに大きく関わってきます。目元のクマが改善されれば健康的な印象を与える事になります。コンシーラーやファンデーションで誤魔化すのではなく、原因から解消して愛され顔を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です