メイク道具、きちんと洗えていますか?

メイク道具、きちんと洗えていますか?
ファンデーションがこってりついたスポンジ、いろんな色が混ざってしまったチークブラシなど、汚れたアイテムでメイクをしていませんか?
洗っていないアイテムを顔に擦りつけることは、それだけで肌荒れの原因に。今回は、美容アイテムの洗い方についておさらいしていきましょう。

美容アイテムの洗い方

メイクブラシ

専用のクリーナーがありますので、クリーナーをコットンにつけ、そのコットンの上でくるくる円を描くようにブラシを動かします。コットンに汚れが映りますので、色が出なくなるまで行えばOK。定期的に行いたいものですが、頻度が多すぎるとブラシの毛がどんどん減ってしまうことも。ブラシを何本も用意するなど工夫を。

スポンジ

ファンデーション用のスポンジは、キレイな面が見えなくなった時点で即洗いましょう。スポンジの形状にもよりますが、4日〜1週間に一度は必ず行いましょう。スポンジクリーナーをスポンジにつけたら、丁寧に洗い、水で流します。クリーナーを持っていない人は、食器洗い用の洗剤でもOK。おわったら陰干しをしてください。スポンジは高価でないものがほとんどなので、しょっちゅう洗えるようにたくさん用意しておくのがベター。

洗顔ネット

洗顔ネットは特別な洗浄は必要ありませんが、使ったあとは毎回必ずカラッカラになるまで陰干しを。特に、浴室内に置きっぱなしにしている人は要注意。乾かないうちにまた次の洗顔のため使用すると、いつも濡れた状態となり菌が繁殖しやすい状態に。乾燥させることを徹底し、1ヶ月程度で新しいものに交換しましょう。

マスカラ

つねに本体に入ったままのマスカラは、洗うことができません。しかし、眼の粘膜周辺に使うアイテムであるため、菌の繁殖は避けたいところ。よって、まだまだ使えると感じていても、1ヶ月ほど使ったら新しいものと交換するのがベストです。

おわりに

キレイになるためのアイテムが汚れていたら、キレイにはなれません。アイテムもいつもキレイを保ちましょう。