「あなたは大丈夫?」間違ったメイク落としが老化への第一歩に・・

ついつい疲れてしまって寝たい時、拭き取りシートでお肌をゴシゴシこすってしまったり早く落としたくて手でこすってしまっている事ってありませんか?実はあなた自身でお肌を老化させ、毛穴を傷つけていたりしています。気が付いたら手遅れ……。そんな風になりたくありませんね。美容研究家である神崎恵さんもスキンケアには非常に気を配っています。メイクは決してゴシゴシとお肌をこすってはいけない、これは美容家のIKKOさんも度々口にしています。

どうしてこすってはいけないの?

私たちの皮膚はたくさんの細胞で出来上がっています。お肌の表面をこすってしまう事でお肌の表面を傷つけ、皮膚を守ってくれている必要な皮脂まで落としてしまうからです。そうするとお肌は反応し皮脂を分泌しようとします。結果、ニキビや吹き出物を引き起こしたり肌荒れの要因となってしまいます。せっかくお肌を綺麗にしようとメイクを落としても、その落とし方によっては余計に肌トラブルを招く事も。

■メイクの正しい落とし方■

①まず手にメイク落としを取る。

②次にアイメイクからゆっくりとメイク落としを馴染ませる。

※この時、アイメイクやマスカラが濃いめの方は予め、拭き取りシートなどで落としておくと良い。※ただし、この最もゴシゴシとは決してこすらない事。

③アイメイクが大体馴染んだら、指で優しく落とす。

次にTゾーンから、お顔全体にメイク落としを馴染ませて、ゆっくりこすらない様に撫で落とす。

④最後にぬるま湯でメイクを流し落とす。

※ここでポイント※

メイクを落とした後、冷たい水、または氷水でお顔をパシャパシャと軽く洗ってあげると毛穴引き締めに非常に高い効果があります。

毛穴の汚れ、開きが気にかかっている方には、この方法は非常に効果的です。

◆メイクを落とした後の重要な保湿についても、補足しておきましょう◆

お肌を美肌に保つのに、一番重要なのがこの「保湿」。

お肌は保湿が失われると、皮膚に亀裂が出来てしまい帯状毛穴に。

帯状毛穴は名の通り、帯状につらなった開いた毛穴の事です。この溝が深まる事によってお肌に亀裂が生じ、それらがしわとなってしまうのです。

洗顔をしたら30秒以内に化粧水や美容液で水分が逃げないうちに保湿をしてあげましょう。

スキン

■パックにも要注意■

皆さんお肌を綺麗に保とうと良く目と鼻、口のところが開いたパックをしますよね。時間を置けば置く程、保湿になる・・そう思っていませんか?パックは適応時間がしっかり決まっており、それをあまりに過ぎてしまいますと、パックの方に水分が奪われ、逆効果となってしまうのです。パックをしたまま寝てしまった・・そんな朝にはお顔は水分を吸収されてしまい、カサカサになる事も・・正しいメイクの落とし方と保湿で乾燥に負けないお肌を作りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です