メイク収納、どうしてる?

定番品、ストック、新色など、次から次へと買ってしまうメイクアイテム。色物であるアイシャドウやリップなど、いくつも持ってて数え切れない!という方も多いのでは?
そうなってくると、大変なのはメイク収納。ごちゃごちゃと並べていては探すのが大変だし、メイクの時間も余計にかかってしまいますね。
今回は、メイクアイテムの収納についてお話ししていきます。

メイクアイテム収納法

クリアケースに収納する

100均、無印良品などでよく見かけるクリアケース。中身が見えるため、アイテムごとに並べて入れておくだけで、どこになにがあるか一目瞭然です。
コスメはパッケージがかわいいものが多く、どうせならそのパッケージごと目で見て楽しみたいもの。そこをとっても、収納ケースがクリアなのはテンションがあがりますね。
しかし、汚れが目立ちやすいのも特徴。コスメを並べただけで満足せず、定期的にお掃除してキレイを維持して。

ドレッサーを購入する

ひと昔前は当たり前だった、ドレッサー。今ではローテーブルや、リビングテーブルでお化粧する方も多く、特に一人暮らしの方はドレッサーなんてない、という方もいると思います。
ドレッサーは当然、身支度をする場所。設けられた収納スペースは、すべて美容アイテムのためのものです。
クリアケースに比べるとお高い買い物ですが、家具は一生もの。大切なメイクアイテムを収納するために、購入を検討してみてもよいかもしれません。

思い切って断捨離する

いろいろ工夫しても、どうしても収納スペースから溢れてしまう。そういう場合は、思い切って断捨離してしまいましょう。
特に、似たような色が多いリップやチーク、最近使ってないなと感じるものはありませんか?
コスメの使用期限は基本的に、開封から1年。それを超えているものは破棄しましょう。まだ使えるもの、未使用のものなどは、友人にあげたり、オークションなどに出品してもいいですね。

おわりに

ついつい買ってしまうコスメ。気に入って買ったコスメだからこそ、大切に保管したいですね。